メニューボタン

医療法人社団VMP麻布医院

院長が樹状細胞ワクチン療法を直接担当してくれる麻布医院。樹状細胞ワクチン療法を中心に、手術や化学療法なども利用し、患者に最善・最良の治療方針を提供しています。

医療法人社団VMP麻布医院のがん治療の特徴

免疫療法のひとつ:樹状細胞ワクチン療法を実施

樹状細胞ワクチン療法とは、がん細胞のみを攻撃するリンパ球を活性化して、がんを治療する方法です。樹状細胞は、がん細胞の特徴を免疫細胞に教え、がんだけを狙わせる役割を持ちます。

療法の手順として、まずワクチンの元となる細胞を採血にて取り出し、樹状細胞へと培養。目印となるがんペプチド・がん細胞を取り込ませることで、「このがん細胞を攻撃する」と覚えさせます。培養が終わったら体内へ戻すことにより、がんを攻撃するように体内の抗体を活性化させるのです。

一般的ながんワクチン療法と樹状細胞ワクチン療法の違い

一般的ながんワクチン療法

一般的ながんワクチン療法では、人工的に作成されたがんの目印を注射して、体内にある樹状細胞にがんの目印を覚えさせてリンパ球にがんの目印を教えます。こうするとリンパ球が癌細胞を攻撃するようになります。このようにがん細胞だけを攻撃させるのが、がんワクチン療法です。

しかし、がん細胞の数に比べて体内の樹状細胞は少ないことも。しかもウィルスや細菌に対する抗体に比べて、がん細胞への攻撃性は少ないのです。そうなるとがん細胞の増殖スピードが早い場合、対処が遅れてしまいます。つまり、樹状細胞が足りない状態ではがんに対応できないのです。

樹状細胞ワクチン療法

麻生医院で行っている樹状細胞ワクチン療法では、患者から樹状細胞のもとになる細胞を取り出し、樹状細胞を活性化させて大量に増やした後、患者の体内へ戻します。活性化された大量の樹状細胞を戻すことによって、がん細胞に対応する細胞が多くなるため、攻撃数が多くなるのです。つまり、麻布医院での樹状細胞ワクチン療法では、体外で多くの樹状細胞を育て上げて患者に戻すので、より効果が期待できると言えるのです。

樹状細胞ワクチン療法の副作用など

樹状細胞ワクチン療法では患者から取り出した細胞をもとにワクチンを作るので、ひとりひとり患者ごとに合わせたオーダーメイド治療と言えます。人間が本来持っている免疫の力を引き出しがん細胞を狙い撃ちする治療なので、吐き気や下痢、脱毛といった重篤な副作用がでないのが特徴。またこの治療は2週間に一度の頻度でワクチンを投与すれば良いので、入院の必要がありません。

また転移しているがんにも効果が期待できるのが魅力です。がんの目印を与えられたリンパ球は全身を巡ってがん細胞に攻撃をします。全身を巡るので転移しているがんにも効果が期待できる仕組みです。

医療法人社団VMP麻布医院クリニックの基本情報

  • 診療時間:10:00~13:00 15:00~19:00 (土曜日は13:00~18:00)
  • 休診日:日曜日・祝日
  • 電話:03-5545-8177
  • 所在地:東京都麻布十番1-11-1 エスティメゾン麻布十番3階
  • アクセス:地下鉄大江戸線・南北線「麻布十番駅」4番出口より徒歩1分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧