メニューボタン

東京キャンサークリニック

免疫細胞療法を行う東京キャンサークリニックについて、治療内容や特徴、クリニックの基本情報などを紹介しています。

東京キャンサークリニックのがん治療法の特徴

少量の採血で樹状細胞の培養を可能に

樹状細胞ワクチンを作るためには、樹状細胞の元となる単球を採取する必要があります。

従来であれば、1クールの治療に必要な成分採血を2~3時間かけて行っていましたが、東京キャンサークリニックでは少量の採血で樹状細胞の培養を可能にしました。

遺伝子検査を用いた治療計画

がん治療をするにあたって、遺伝子検査を採用する東京キャンサークリニック。

遺伝子検査では、細胞ががん化した事情などを把握し、再発・転移の対策も踏まえた治療を行います。

一人ひとりのがんに合わせた治療を提案

東京キャンサークリニックでは、患者さんの遺伝子情報やバイオマーカー、年齢といった身体的な面はもちろん、人生観や生活環境といった内面的な部分を把握。

さまざまな治療法から個々人に適した治療法を組み立て、個別化医療を提案しています。

東京キャンサークリニックの基本情報

  • 診療時間:8:30〜17:15
  • 休診日:日曜、祝日
  • 電話:03-6380-8031
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館ビル9階
  • アクセス:東京メトロ半蔵門線・九段下駅 7番出口より徒歩2分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。