メニューボタン

陳瑞東クリニック

東洋医学などの多方面の治療経験に基づき、新しい医療のテーマを診療に活かすことを目標としている陳瑞東クリニック。ここではがん治療の特徴や診断方法、基本情報をまとめています。

陳瑞東クリニックのがん治療・検査の特徴

自家がんワクチン療法

自家がんワクチン療法は手術時に切除した組織標本(2グラム)からワクチンを作製します。

患者さんから摘出したがん細胞と、免疫の働きを強める材料を入れ患者さんに注射する治療法です。免疫細胞ががん細胞の特定をしやすくなり、効率的にがん細胞を退治してくれます。

がん抗原はがん細胞ごとに違うため、自家がんワクチンは患者さんごとに別々のワクチンが作られます。自分だけのがん治療が行えるのです。

自家がんワクチン療法の情報

  • 標準的な費用は1クール150万円(税抜)
  • 術後の再発防止、転移予防、取り残されたがん治療が期待できる
  • 放射線治療と併用できる場合、一掃の効果が期待できる
  • 副作用があまりない。注射局所の一時的な腫れ、一過性の発熱はある。

リンパ球療法

身体を構成している正常な細胞に発がん物質、ストレス、ウィルスなどの刺激が加えられると遺伝子の異常が引き起こされ、がん細胞に変化、異常増殖をくり返すようになります。

常時、がん細胞は体内で発生していますが、がん細胞を認識してリンパ球に情報伝達をおこなう樹状細胞やがん細胞を攻撃するリンパ球が監視し、発見次第これを退治します。免疫療法はこの監視、発見、退治の機能を高める療法です。

自己リンパ球培養療法は、血液中のリンパ球を1000倍以上に増殖させます。培養するリンパ球の種類は目的によって異なりますが、陳瑞東クリニックではTリンパ球全体を増殖する方法とNK細胞やγδ細胞を増殖させる方法を採用しています。

血液のアミノ酸分析

アミノインデックス検査(AICS)はがんのリスクスクリーニングを血液検査のみで行うものです。

AICSは味の素が確定した、がんの種類ごとに計算されるリスク判定の式。5種類のがん患者約2千人と健康な人間ドック受診者約1万7700人のデータを基に編み出されました。味の素が独自開発した技術を臨床応用しています。

現在は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がんが対象です。

AICSの特徴

  • 血中のアミノ酸濃度測定による新タイプの検査
  • 5mlの採血で複数のがんを同時に検査可能
  • 早期がんにも対応
  • 採血による簡便な検査
  • 対象:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮・卵巣がん

マイクロアレイ

がんマイクロRNA検査 マイクロアレイとは、がんに対する身体の反応を遺伝子レベルで測定し、判定する最新のがん検査です。金沢大学付属病院の金子教授らが2007年より臨床試験を開始し、消化器がんの有無を血中のRNA量の変化を測定することで判定が可能だったことから実用化されました。

マイクロアレイ血液検査の特徴

  • 2.5mlの採血で終了
  • 消化器系の検査だがCT、胃カメラ、大腸ファイバー、事前の食事制限、下剤の服用などが不要
  • 高感度で診断率の高い検査
  • 胃がん、大腸がん、すい臓がん、胆道がんの臓器別に診断ができる
  • 1週間程度で判定結果がでる

陳瑞東クリニックの基本情報

  • 診療時間:9:30~13:00 15:30~18:00
  • 休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日
  • 電話:03-5856-0015
  • 所在地:東京都港区赤坂2-13-5赤坂会館B1F
  • アクセス:千代田線「赤坂駅」1,2番出口より2分