メニューボタン

銀座並木通りクリニック

外来通院でがんの緩和診療をメインとしているクリニックである銀座並木通りクリニック。がん治療の特徴やクリニックの雰囲気、基本情報をまとめています。

銀座並木通りクリニックのがん治療の特徴

究極のオーダーメイド「自家がんワクチン療法」を使用

自家がんワクチンは、患者さんから摘出したがん細胞と免疫刺激剤を合わせて注射する治療法です。

がんは同じ種類のがんでも個人差があります。そのため、がん治療ではがん患者自身にぴったりあったワクチンでないといけません。

自家がんワクチンは、患者さん自身のがん組織を使った専用の手作りワクチンです。面倒な細胞培養は必要なく、他と比べて短時間に製造でき安価なのが特徴となります。

自家がんワクチンの作製原料

自家がんワクチンに使われる原料は、手術で取り出された病理診断用のホルマリン漬けにしたがん組織です。生のがん組織、がん細胞は必要ありません。

自家がんワクチンは患者さんの体内で免疫細胞が活性化され、活発にがん細胞を退治します。手術で取り残した微細ながん細胞などを免疫細胞が退治してくれるので、がんの再発や転移を予防することができます。

自家がんワクチンの原理

がん抗原(がんの目印)には、たくさん種類があり、同じがんであっても発現の仕方に個人差があります。1つのがんの塊の中でさえ違いがあり、すべてのがん抗原をカバーするのは困難です。

しかし、患者さんのがんそのものを利用すれば、がんの塊に発現しているがん抗原すべてにマーカーを付けることが可能です。

患者さんのがん組織をまるごと異常目印として体内の免疫細胞を活性化させるのが自家がんワクチン療法なのです。

人に寄り添って診てくれる

銀座並木通りクリニックに通う患者さんの多くは、治療方針をどうしたらいいか分からなかったり、途方に暮れて治療法を探し回っている、いわゆる「がん難民」と呼ばれる方々が多いそうです。

がんの完治困難という厳しい状況の中、銀座並木通りクリニックはその羅針盤、心の拠り所としての機能をはたしたいとい想いでクリニックの運営をしています。

それは「神の手」などと呼ばれる派手な世界観ではなく、もっと患者さんに寄り添った地道な積み重ねを重視したがん治療です。「人を診る」ということを基本姿勢としてくれています。

クリニックらしくない心が安らげる空間を用意

院内はゆとりと安らぎをコンセプトとしており、待合室ではやさしいBGMの流れる喫茶店をイメージして作られており、白を基調とした落ち着いた空間です。

待ち時間を極力少なくするため予約優先としていますが、当日予約、予約なしでも診療を受けることができます。

点滴ルームでの抗がん剤治療も、患者さんがリラックスして過ごせるように配慮。個室でリクライニングシートが用意されており、点滴中でも眠ってしまう方もいるほどだそうです。

また、セカンドオピニオンや家族のみ別に相談というときの為の相談室も用意されており、患者さんの気持ちに重きをおいた内装となっています。

銀座並木通りクリニックの基本情報

  • 診療時間:10:00~18:00
  • 休診日:土曜・日曜・祝祭日
  • 電話:03-3562-7773
  • 所在地:東京都中央区銀座4-2-2第1弥生ビル7F
  • アクセス:地下鉄(丸ノ内線・銀座線・日比谷線)「銀座駅」C8出口より直結