メニューボタン

  

三番町ごきげんクリニック

三番町ごきげんクリニックは、高濃度ビタミンC点滴療法を中心に、新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法や5種複合免疫療法などを取り入れているクリニックです。

三番町ごきげんクリニックのがん治療の特徴

1人ひとりに最適な治療法を提案してくれる

がんの状態は個人差があるため、1人ひとりによって効果が変わってくるもの。三番町ごきげんクリニックでは、患者さん1人ひとりの遺伝子を見て、その人にふさわしい治療方法を見つけ出し、提案しています。

複数のがん治療方法を用意しているので、自分自身に適した治療方法を提案してくれます。例えば、遺伝子の発現を調整する因子に働く「フェニルブチレート療法」・がん細胞だけを攻撃する「高濃度ビタミンC点滴療法」・免疫の要となる免疫細胞を培養・活性化させ患者さんの体内に返す「5種複合免疫療法」、がん細胞を認識して免疫細胞に攻撃させる命令を出させる「新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法(DCアイバック療法)」など。自分の病状だけでなく、何が効果的かまでしっかりと見抜いて勧めてくれるのが嬉しいですね。

高濃度ビタミンC点滴療法でがん治療

高濃度のビタミンCを点滴で打ち、放射線治療や抗がん剤などによる治療の効果を高めようという治療法です。この治療方法は従来のがん治療を否定するものではありません。高濃度ビタミンCには抗がん剤や放射線治療による副作用を軽減し、正常な細胞に攻撃せず、がん細胞だけを殺す働きがあります。がんに苦しむ多くの患者に選択肢のひとつとして知ってもらうよう努めているそうです。

どれくらいの頻度で受けるか

抗がん剤や放射線治療の副作用で体が弱っている場合は、2回か3回の点滴処置を受けると体調が好転してくることがあります。期間にすると2~3週間前後といったところでしょう。

点滴の頻度は、標準で週に2回。ほかのがん治療を受けていても、この治療のみでも同じ回数で点滴を受けます。がんの腫瘍が完全に消失したステージに移行すれば、その後半年間は週1回の治療を続行。さらにそのあとは半年、もしくは3か月ほど2週間に1回のペースで治療を続けていくことになり、その次のステージでは月に1回と頻度を減らしていきます。

費用と治療時間について

1回の点滴(~65g)で22,000円です。70g以上は価格が異なります。自由診療につき保険適用外なので気をつけましょう。初回は血液検査や初診料などを含めて76,000円になります。必要に応じて血液検査を行うのでその費用が15,000円程度かかることも頭に入れておくとよいでしょう。

点滴の時間は投与するビタミンCの量によって変わりますが、およそ1~2時間となっています。そこまで長時間かからない治療のため、仕事を続けながら改善を目指している人におすすめです。

三番町ごきげんクリニックの特徴

マンションの一室にある落ちついた雰囲気のクリニック

笑うことで免疫力を高めていくという考えのもとで開院された、三番町ごきげんクリニック。東京メトロ半蔵門線・半蔵門駅から歩いて7分の場所にあります。マンションの一室に構えているため、迷ってしまった時のためにも時間には余裕を持つと安心です。

個別化治療を提供

がんは同じように見えても、遺伝子レベルになると個性があります。遺伝子異常、遺伝子発現の変化は人それぞれなのです。

そのため、三番町ごきげんクリニックでは個々の遺伝子特性をしっかりと見極めていく治療が提唱されています。あきらめないがん治療を目標に専心する気持ちで取り組まれているのです。

がん哲学外来・カフェを設置

三番町ごきげんクリニックでは、がん患者やそのご家族が語り合える場を不定期で設けています。開催時間は3時間ほど。内容はがんについてだったり、がんと栄養についてだったりと、その時々で異なります。談話タイムもあるようです。

医師との個人面談もあるため、日頃聞けない悩み、疑問点などを解消できます。がん患者との関わりがなくても「がんについて話が聞きたい」という方も参加できますよ。

個別無料相談会を実施

三番町ごきげんクリニックでは、無料相談会を開催しています。エイジングケアに関する施術やビタミンC点滴療法を知ってもらうことを目的に開催している相談会です。

参加費は無料。個別のためプライバシーが漏れることもありません。クリニックの説明、質疑応答(看護師)、医師とのお話という順番になっており、治療に対しての不安や疑問に丁寧に答えてくれます。

三番町ごきげんクリニックの医師

院長:澤登 雅一

三番町ごきげんクリニックでは、予防医学として、抵抗力・免疫力を高めるビタミンC点滴を積極的に取り入れていきたいと考えている澤登院長。ビタミンC点滴はがんへの新しいアプローチができるのではないかと考え、2006年から三番町ごきげんクリニックでも導入しています。

また、「歳だから」となにかを諦めないことが院長のモットー。身体能力の低下は歳ではなく、考え方や食事、ストレス、人間関係、ライフスタイルが関係していると、澤登院長は提唱しています。

経歴

  • 1992年:東京慈恵会医科大学 卒業
  • 血液内科医として、日本赤十字社医療センターにて14年間勤務
  • 2005年:三番町ごきげんクリニック 院長

所属学会/資格

医学博士/東海大学医学部 血液腫瘍内科 非常勤講師/東京医科歯科大学大学院生命理工学系専攻 疾患予防科学コース・非常勤講師/日本内科学会 総合内科 専門医/日本血液学会 専門医/日本がん治療認定医機構 がん治療認定医/日本抗加齢医学会評議員・専門医/米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医/エピジェネティック療法研究会 代表幹事/特定非営利活動法人 日本コーチ協会認定メディカルコーチ/日本医師会認定 産業医

三番町ごきげんクリニックの基本情報

  • 診療時間:月・火・水・金10:00~18:00 木曜日10:00~21:00
  • 休診日:土・日・祝日
  • 電話:03-3237-0072(平日:10:00~17:30)
  • 所在地:東京都千代田区三番町8-1 三番町東急アパートメント1101
  • アクセス:
    東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」5番出口より徒歩7分
    都営新宿線/東京メトロ有楽町線「市ヶ谷駅」A3出口より徒歩9分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧