メニューボタン

日比谷内幸町クリニック

自宅で行える免疫療法や複合免疫細胞療法を提供している日比谷内幸町クリニック。ここではがん治療の特徴や遺伝子ドッグ、クリニック所在地、診療時間などの基本情報をご紹介します。

日比谷内幸町クリニックのがん治療の特徴

日比谷内幸町クリニックでは、人間が元から持っている免疫細胞でがんをやっつける治療法を取り入れています。とくに力を入れているのは、高度活性化NK細胞療法と、複合免疫細胞療法のふたつ。それぞれについて詳しく説明します。

高度活性化NK細胞療法

高度活性化NK細胞療法は、副作用が少なく、QOL(生活の質)を維持しながら受けることのできるがん治療のこと。再発・転移防止に有効です。がん三大療法との併用が可能で、相乗効果、副作用の軽減が見込めます。

NK細胞はリンパ球に含まれる免疫細胞の一つです。生まれつき(ナチュラル)外敵を殺傷する(キラー)能力をもつ細胞なのでNK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれています。NK細胞はがん抗原(がんの目印)がなくても自由に攻撃する細胞であり、人間にとって重要な役割をもつ細胞といえます。

治療法として、まず患者さんから40ccほどの血液を採取し、そのなかに含まれているNK細胞を2週間ほどかけて無菌状態のまま増殖、再び患者さんの体内に戻します。NK細胞は増殖させたあと活性化させるため、治療前よりがん細胞をやっつけやすくなるという流れです。

複合免疫細胞療法

複合免疫細胞療法は、3つの免疫細胞の組み合わせたがん治療法です。がん細胞などの異常細胞を攻撃する「高度活性化NK細胞」、がんの目印のみを標的にする抗原特異的キラーTリンパ球(CTL)の司令塔である「樹状細胞」、樹状細胞にリンパ球を反応させてがん細胞を認識して攻撃できるようにした「樹状細胞活性化キラーTリンパ球(DAK)」を組み合わせます。

複合免疫細胞療法は一度の採血で3種類の免疫細胞療法を受けられるのが特徴で、副作用が少なく、無理のない治療でQOLを維持できます。また化学療法との併用が可能で、相乗効果・副作用の軽減などが期待できます。

自宅で行える在宅免疫細胞療法

日比谷内幸町クリニックでは自宅で高度活性化NK細胞療法を受けられます。高度活性化NK細胞療法の治療は基本的に採血と投与だけなため、どこでも治療ができるのです。

在宅免疫療法が可能な範囲は、クリニックから自宅までの移動時間が1時間以内のところとなっています。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

日比谷内幸町クリニックの基本情報

  • 診療時間:平日 10:00〜13:00 14:00~18:00
  • 休診日:土曜・日曜・祝日
  • 電話:0120-982-809
  • 所在地:東京都港区新橋1-18-14 新橋MMビル3F
  • アクセス:都営三田線「内幸町駅」A2出口より徒歩1分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧