メニューボタン

聖ヶ丘病院

がん治療を専門とする病院としてがん検診から緩和治療までトータルながん治療を行っている聖ヶ丘病院。がん治療の特徴、クリニック所在地、診療時間などの基本情報をご紹介します。

聖ヶ丘病院のがん治療の特徴

抗がん剤とがん免疫療法を併用

聖ヶ丘病院では新規抗がん剤と免疫療法を組み合わせたがん治療をおこなっています。

従来の外科治療、抗がん剤による化学療法、放射線治療に加えて第4の治療法として注目されているのが免疫療法です。免疫療法とは、本来我々の体に備わっている異物やがん細胞、細菌に対して攻撃をおこなう免疫機能の仕組みを利用してがん治療を行う治療のこと。

がん免疫療法に加えて、聖ヶ丘病院ではがん細胞をターゲットにして攻撃する「分子標的剤」との併用によるがんへの免疫増強効果にも着目しています。分子標的剤には免疫細胞がもっている殺腫瘍機序が存在します。この殺腫瘍機序は、病原体と抗体を結合させて、免疫細胞を呼び寄せるADCC活性によるもの。分子標的剤にADCC活性をもつリンパ球を用いた免疫療法と組み合わせることで、新たながん治療効果が期待されています。

免疫チェックポイント阻害剤などの未承認薬を用いた治療

聖ヶ丘病院ではまだ日本では承認されていない免疫チェックポイント阻害剤などの薬剤を使用した治療を行うことが可能です。(保険は適用されないため全額自己負担)

がん細胞には免疫のはたらきにブレーキをかけることで、免疫細胞の攻撃を防ぐ能力があります。このがん細胞のもつブレーキ機能を解除し、免疫細胞を再び活性化させるのが免疫チェックポイント阻害剤です。

聖ヶ丘病院では免疫チェックポイント阻害剤と従来の免疫療法や抗がん剤とを組み合わせることによって、より大きな治療効果が期待できると考えています。

がん治療の充実と地域に密着した良質な医療を目指して

聖ヶ丘病院ではよりよいがん治療の病院をめざしてハード面、ソフト面の両方にちからを入れています。ハード面では、2011年に低線量64列マルチスライスCT機器やデジタル画像システム(PACS)などの機材を導入し、診断技術の向上を図っています。一方、ソフト面では医師の拡充、多摩市医師会を通して地域の医療機関との緊密な連携を重視、ネットワークの構築を図ってきました。とくに終末期医療を自宅でも受けられるようにする在宅医療の仕組み作りには力を入れています。がん治療への前向きな姿勢がわかる病院です。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

聖ヶ丘病院の基本情報

  • 診療時間:平日 8:45〜11:30 12:45~15:30
  • 休診日:日曜・祝日・12/30~翌年1/3
  • 電話:0120-015-811
  • 所在地:東京都多摩市連光寺2-69-6
  • アクセス:京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」より無料送迎バス

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧