メニューボタン

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターは、脳神経外科や外科などさまざまな診療科がある総合病院の1つです。今回はがんの免疫療法を行っている脳神経外科を中心に、治療方法や特徴についてご紹介します。

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターのがん治療の特徴

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターが実施している治療療法

樹状細胞を活用した免疫治療

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターは、さまざまな診療科があり、中でも脳神経外科にてがんに対する治療方法として、免疫療法を採用しています。

免疫療法は「樹状細胞を活用した免疫治療」と呼ばれる方法です。

樹状細胞とは血液中に含まれている白血球の中にある、免疫細胞のことで異物を取り込む能力を持っています。そして東京慈恵会医科大学葛飾医療センターでは、悪性脳腫瘍への治療法として樹状細胞による免疫療法も実施しているのが特徴です。

簡単に説明すると、樹状細胞を増やし自己免疫力を高める治療法です。つまり、がん患者の樹状細胞を血液採取によって取り出し、人工的に増殖させたうえで再び点滴投与で戻すことにより、多くのがん細胞を攻撃できるようにします。

外科手術による摘出

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの外科では、手術によるがんの摘出を行っています。対応しているがんの種類は、消化器系のがんをはじめ甲状腺がんや肺がんなどさまざまです。

また、末期患者にも対応していて、看護師や栄養士、検査技師などのサポート受けながら在宅によるケアを受けることができます。

総合医科研究センターにて免疫療法の研究

東京慈恵会医科大学の総合医科研究センターは、主に医療関係の研究・開発を行っている施設で、悪性腫瘍治療研究部と呼ばれる研究室があります。

悪性腫瘍治療研究部では、近年世界的に注目されている免疫療法の基礎研究を行うなど、更なる治療効果を目指し、日々研究を続けているのが特徴です。

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの検査

診療科によって検査方法は異なる

悪性脳腫瘍などにかんして治療を行う脳神経外科では、MRIやCTスキャン、血管撮影装置などを用いて症状を調べます。消化器系のがんや肺がんなどの治療を行っている外科の検査方法については、公式サイトに記載されていませんでした。

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの医師情報

脳神経外科の常勤医師は5名

脳神経外科の診療部長は、長島弘泰医師です。長嶋診療部長は脳神経外科専門医や脊髄外科認定医の資格を取得していて、脳神経外科全般に対応しています。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの基本情報

  • 診療時間:平日・土曜8:00~11:30(診療科によって異なる場合がある)
  • 休診日:日曜・祝日・大学記念日・年末年始
  • 電話:03-3603-2111
  • 所在地:東京都葛飾区青戸6-41-2
  • アクセス:JR常磐線「亀有駅」より徒歩10分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧