メニューボタン

蔵前内科クリニック

蔵前内科クリニックは、免疫療法の中でもNK細胞療法で治療を進めているクリニックです。がん治療の特徴や検査方法をはじめ、診療時間やアクセス方法など基本情報をご紹介します。

蔵前内科クリニックのがん治療の特徴

蔵前内科クリニックが実施している免疫療法

NK細胞療法

蔵前内科クリニックが実施しているがん治療は、第4の治療方法ともいわれている免疫療法を軸にしています。また、さまざまな免疫療法の中でも、NK細胞療法を採用しているのが特徴です。

NK細胞とは、免疫細胞の1つでリンパ球の中に存在しています。また、NK細胞は特にがん細胞を攻撃する特徴があり、毎日発生しているがん細胞を破壊・増殖の阻止に役立っています。

NK細胞療とは蔵前内科クリニック独自の方法でNK細胞を培養し、点滴による投与を行い、がん細胞の破壊を目指す治療方法です。

がん患者に応じて治療スケジュールを調整

蔵前内科クリニックのがん治療は、進行中のがん患者だけでなく治療後の患者や、がんを予防したい人へ向けた予防治療も含めて行っています。

また、各患者の状態に合わせて治療スケジュールを立てて、合計12回(進行中・治療後の患者)と6回(がんを予防したい人)に分けて治療を進めるのが特徴です。

蔵前内科クリニックの検査方法

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカー検査とは血液採取を行い、がんが発生時に検出される特殊なたんぱく質など各種成分を分析する検査です。肺がんや消化器系がんなど、がんの発生箇所も判断できます。

癌アミノ酸検査

癌アミノ酸検査(アミノインデックス、AICS)は、血液採取を行い血液中に含まれるアミノ酸の濃度やバランスから、がんの発生リスクを予測する検査です。

消化器癌の遺伝子検査

消化器癌の遺伝子検査は、最新の検査方法です。少量の血液採取で大腸がんや胃がん、胆道がんなど消化器系で発生するがんの早期発見ができます。遺伝子レベルで測定できるため、90%以上の高い精度で判定可能です。

免疫機能検査

免疫機能検査とは、血液採取によって白血球やNK細胞など、各免疫細胞の状態を測定する検査です。

画像診断

画像診断はCTやMRI、PET-CTなど各種診断機器を用いて、がんの発生箇所や状況を確認する検査です。また、蔵前内科クリニックではMRIなど、一部画像診断機器は所有していないため、紹介された医療機関で画像診断を受けます。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

蔵前内科クリニックの特徴

地域密着型のクリニック

蔵前内科クリニックは、東京都台東区蔵前に住んでいる人を中心に診療・治療を行っている地域密着型のクリニックです。がんの免疫療法だけでなく、一般向けの健康診断や内科、内分泌代謝内科やアレルギー・呼吸器内科などに対応しています。

クリニック内は白を基調とした空間。受付のそばには大きな窓があり、光が差し込むので明るい雰囲気に包まれています。

蔵前内科クリニックの基本情報

  • 診療時間:平日10:00~13:00、15:00~19:30
  • 休診日:土曜、日曜、祝日
  • 電話:03-3864-8998
  • 所在地:東京都台東区蔵前1-8-6 リバーサイドタワー蔵前
  • アクセス:地下鉄「都営浅草線」蔵前駅A1出口より徒歩5分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧