メニューボタン

東京ミッドタウン先端医療研究所

樹状細胞ワクチン療法などの免疫細胞療法を行う京ミッドタウン先端医療研究所。がん治療の特徴や内容、クリニックの基本情報などをまとめています。

東京ミッドタウン先端医療研究所のがん治療の特徴

新世代の免疫療法・樹状細胞ワクチン療法

大阪大学大学院が開発したがん抗原「WT1ペプチド」を使用した、樹状細胞ワクチンで治療を行っているのが、東京ミッドタウン先端医療研究所です。

この「WT1ペプチド」によって、樹状細胞療法が適用できるがんの種類が増えた結果、今までは治療できなかった患者さんも対応することができるようになりました。

NK細胞療法や活性化リンパ球法も併用できる

ほかにも、患者さんの病状や要望に合わせて、NK細胞療法や活性化リンパ球療法なども選択できます。

NK細胞療法は、樹状細胞ワクチンが狙いにくいがんを攻撃する治療法。活性化リンパ球療法は、免疫力を底上げする治療法です。

大学病院や専門の医療機関と連携した治療を提供

樹状細胞ワクチン療法と、化学療法、放射線治療など様々な治療を駆使して、患者さんの体調や病状に合った医療を提案する、テーラーメイド治療がモットーです。

東京慈恵会医科大学病院や、昭和大学病院、慶應義塾大学病院など、周辺の大学病院や医療機関と連携した治療の提案ができます。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

東京ミッドタウン先端医療研究所の基本情報

  • 診療時間:9:00〜17:00(月曜~金曜)
  • 休診日:土曜、日曜、祝日
  • 電話:03-5413-7920
  • 所在地:東京都港区赤坂9丁目7−1 ミッドタウン・タワー 6階
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線六本木駅8番出口より直結

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧