メニューボタン

みたかヘルスケアクリニック

入院せずにステージに関係なく治療を受けられるANK免疫細胞療法を推奨しているみたかヘルスケアクリニック。がん治療の特徴、クリニック所在地、診療時間などの基本情報をご紹介します。

みたかヘルスケアクリニックのがん治療の特徴

ANK免疫細胞療法を実施

NK細胞療法の特徴

私たちの体内にいる免疫細胞の中でがん細胞を攻撃する免疫細胞は2種類います。ナチュラルキラー(NK)細胞とT細胞です。

NK細胞は正常な細胞には攻撃せず、かつ相手ががん細胞であれば種類に関係なく攻撃してくれる細胞です。反面、活性が高ければその分だけ培養中に自爆してしまうことがあり、扱いが難しい細胞でもあります。そのため、研究用には培養しやすい特殊な選別をしたNK細胞だけを使用。すると、自爆リスクが軽減するかわりに能力が低下してしまい、がん細胞のタイプによっては攻撃しないというケースが増えてしまうデメリットがありました。

NK細胞療法の欠点を補ったANK免疫細胞療法

一方ANK療法で用いるNK細胞は、特殊な選別を行いません。人体から採りだした「野生型」のNK細胞をそのまま活性化・増殖させるので高い攻撃力を維持できます。

ANK免疫細胞療法は、NK細胞を一度体内から採りだして体外で目覚めさせ、細胞数を増加させます。数を増やし、戦力の回復と増強をはかる治療法です。ANKのAとはAmplified(=増強されたあるいは増殖・活性化されたの意)のAです。

ANK免疫細胞療法の手順

体内から採りだした「野生型」のNK細胞は、活性が高ければどんながん細胞にも攻撃できます。しかし、NK細胞の増殖速度は速くないため、細胞数を揃えるためには大量に採りださなければなりません。

ANK療法ではNK細胞の獲得に血液成分分離装置を使用。5~8リットルほどの血液を体外に循環させて、NK細胞を含むリンパ球集団を分離採取していきます。5~8リットルほどの血液が外に出るからといって血液成分のほとんどは体内に戻されるので「血液が減る」という心配はありません。また、血液から多くのリンパ球を失われたとしても、血液以外にもリンパ球が多く存在しているので「リンパ球が不足する」ということもありません。

採りだしたNK細胞を培養したら、体内へ戻します。原則として治療は2~3日おき、週に2回の点滴治療となります。培養された細胞は凍結保管されていますので、治療スケジュールは柔軟に対応可能です。

ANK免疫細胞療法の副反応

免疫細胞療法では副作用のことを副反応と呼びます。ANK免疫細胞療法の副反応は人により様々ですが、一過性の発熱と悪寒が多いようです。とくに初回点滴時には発熱の波が何度かくり返すことがあり2~3日は様子見が必要となります。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

みたかヘルスケアクリニックの基本情報

  • 診療時間:月~金 9:00〜12:00 14:00~18:30
  • 休診日:土曜午後・日曜・祝日
  • 電話:0422-40-0102
  • 所在地:東京都三鷹市3-38-4 三鷹産業プラザ商業エリア5F-B
  • アクセス:JR「三鷹駅」南口より徒歩5分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧