メニューボタン

虹橋クリニック

免疫治療を提案してくれる虹橋クリニックのご紹介をします。

虹橋クリニックのがん治療の特徴

虹橋クリニックは、免疫細胞の培養で特許を取得し、樹状細胞・NK細胞・NKT細胞・αβT細胞などの複数にわたる免疫細胞治療を行っています。

樹状細胞ワクチン治療

樹状細胞ワクチン治療とは、患者さんの血液中にある単球を培養し樹状細胞に分化、がん細胞の目印(抗原)を学習させてから体内に戻す治療法のことです。

ペプチド細胞感作型 樹状細胞ワクチン

人工合成した抗原(抗原ペプチド)を用いて樹状細胞に抗原提示させる治療法です。患者さんにがん細胞がない場合でもがんの目印を提示できます。

通常、ペプチドを用いた治療では、事前に患者さんのHLA型(白血球の血液型)を特定する必要があり、場合によっては治療の適用不可になることも。一方で虹橋クリニックでは独自技術によってHLA検査の必要もなく、かつどのHLA型の患者さんでも治療することを可能にしています。

腫瘍内局注 樹状細胞ワクチン治療

樹状細胞ワクチン治療は、成熟しきれていない樹状細胞(未熟樹状細胞imDC)を腫瘍内に直接注入する治療法のことです。

未熟樹状細胞には細胞を食べて取り込む機能があります。がん細胞を食べながら成熟させることで、がん細胞の抗原を学習。自身のがん細胞なので、高い効果が期待できます。

活性化自己リンパ球治療

活性化自己リンパ球治療とは、患者さんの血液からリンパ球やNK細胞を分離、活性化・増殖をおこない体内に戻してがん細胞を攻撃させる治療法のことです。

αβΤ細胞治療

患者さんから採血し、がんに対して高い攻撃力をもつT細胞を分離。体外で2週間ほど培養し活性化させて、再度体内に戻します。強く・増量したT細胞が、がん細胞を攻撃してくれる治療法です。

NK細胞治療

NK細胞はがん細胞を攻撃するのに抗原を必要としません。NK細胞を培養し、体内戻す治療のことをNK細胞治療とよびます。

NK細胞は年齢とともに細胞数が減少していきます。これを増やして体内に戻すことでがん細胞を攻撃します。

染色体異常の懸念から忌避されてきた治療法ですが、虹橋クリニックが採用しているNK細胞の培養法は、その問題点を解消しています。

NKT細胞標準的治療

NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)はがん細胞を攻撃するだけでなく、がんを攻撃する細胞を活性化させたり樹状細胞を成熟させるなど免疫系の細胞群を活性化させる作用を持っています。

NKT細胞標準的治療は、NKT細胞のメカニズムを利用し、患者さんから採取した細胞から作ったワクチンを投与する治療法のことです。

虹橋クリニックの基本情報

  • 診療時間:10:00~13:30,16:00~18:30
  • 休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝祭日
  • 電話:03-3529-2284
  • 所在地:東京都港区台場2-2-4台場クリニックモール2F
  • アクセス:ゆりかもめ線「お台場海浜公園駅」より徒歩3分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。