メニューボタン

オリエント三鷹クリニック

オリエント三鷹クリニックは、新免疫療法と呼ばれる独自の免疫療法で、がん治療を進めているクリニックです。今回は新免疫療法のメカニズムや治療方法、アクセスなど基本情報についてご紹介します。

オリエント三鷹クリニックのがん治療の特徴

新免疫療法(NITC)

オリエント三鷹クリニックががん治療は、新免疫療法と呼ばれる治療法です。そして新免疫療法はがん患者の免疫力を高める方法として、さまざまな医薬品や食品を、経口摂取・投与など行います。

がんの縮小や進行が抑えられているか確認する必要があるので、定期的に血液検査を実施するのも主な特徴です。

新免疫療法の特徴

新免疫療法の特徴は、免疫力に関する3つの作用をポイントとしている点です。

  • キラーT細胞の活性化
  • NK細胞やNKT細胞の活性化
  • がんが作る新生血管の抑制作用

キラーT細胞とNK細胞、NKT細胞はがん細胞を攻撃してくれる細胞なので、医薬品や食品を用いて活性化させます。そして、がんがつくる新生血管は、がん細胞の栄養供給につながるため、活性化させた各免疫細胞で抑制・攻撃する仕組みです。

新免疫療法の治療方法は、免疫細胞の活性化を促す医薬品を経口投与や筋肉注射したり、健康食品の摂取をしたりと、他クリニックではあまり見られない方法でもアプローチしています。

オリエント三鷹クリニックの治療方針

オリエント三鷹クリニックの免疫療法に関する治療方針を、こちらにご紹介します。

  • がん患者の免疫状態を血液検査などで詳細に調査
  • がんの状態を確認したうえで、患者の状態にあわせて新免疫療法を実施
  • 生活習慣にも注目し、患者とともに治療を行う

治療方針については、他のクリニックとあまり違いがありません。また、免疫療法の他にも、抗がん剤やホルモン剤治療なども考慮しながら治療計画を立てています。

オリエント三鷹クリニックの検査

一般検査

血液検査で栄養状態や腎臓機能などを調べます。また、具体的には血算(血液中に含まれる赤血球や白血球などから病気の状態を判断)と生化学(体内のホルモンや酵素から、腎臓や肝臓の状態を把握)の2種類を、血液検査で測定。

腫瘍マーカー検査

血液を採取して腫瘍マーカーと呼ばれる測定方法で、がんの種類や状態を検査します。

国内の保険診療では3種類の腫瘍マーカーのみに対応していますが、オリエント三鷹クリニックは自由診療にも対応しているため、数10種類のがん測定が可能です。

免疫検査

サイトカインとNKT細胞、キラーT細胞とNK細胞の免疫機能を調べる検査です。免疫検査の場合は治療中も定期的に検査を行い、免疫機能の改善を確認します。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

オリエント三鷹クリニックの医師情報

オリエント三鷹クリニックは、3人の担当医で診療・新免疫療法に対応しています。また、担当医のスケジュールについては、不定期に変わります。

  • 院長 八木田旭邦 医師
  • 小川由英 医師
  • 小林利高 医師

オリエント三鷹クリニックの基本情報

  • 診療時間:9:00~16:30(診察時間など変更する可能性あり)
  • 休診日:月曜・火曜・水曜・日曜
  • 電話:0422-40-5771
  • 所在地:東京都三鷹市下連雀3-27-12 コアパレス常葉11-6F
  • アクセス:JR東日本「中央線」三鷹駅より徒歩2分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧