メニューボタン

医療法人再生未来 R未来がん国際クリニック

医療法人再生未来 R未来がん国際クリニックでは遺伝子治療を中心に患者個人に合わせた免疫治療法や電場療法などの治療を組み合わせたオーダーメイドの提案を行っています。

医療法人再生未来 R未来がん国際クリニックのがん治療の特徴

医療法人再生未来では、18種類のがん治療方法を用意しています。ここではその一部を紹介します。

血液がんワクチン治療

血液がんワクチン治療とは、患者自身の免疫システムを使用し、がんを治そうとする治療方法です。このがんワクチンは手術、放射線、化学療法といった標準の治療と合わせてできることが魅力的な補助治療法です。ただし、がん細胞には治療に対して耐性を持つ可能性も。そうなるとワクチンだけでの治療は難しくなります。しかし血液がんワクチンは、患者自身の血液自体が材料となるので、耐性を持ってしまったがんにも対抗できる新しいワクチンが作成できるのがメリットです。

活性化リンパ球療法

活性化リンパ球療法は患者自身の血液を少量使用する治療法です。採取した血液の中にあるリンパ球を短期間で活性化、免疫力を向上し体力の回復やがんに対する免疫力を高めます。1回の採血で数回分の投与が可能です。体力的にも大きな負担にはなりません。

採血した血液からリンパ球を分離し、培養液を用いて約2週間培養をします。培養をするとリンパ球数がおよそ1000倍に。そのリンパ球液の入った点滴を1時間ぐらいかけて投与します。この治療法でがんに対する免疫力を高められるので、再発予防としても期待できます。

NK細胞療法

NK細胞とはナチュラルキラー細胞の略称です。NK細胞は腫瘍細胞やウィルス感染細胞などに対して、強い細胞傷害活性を示すと認知されています。このNK細胞の特性を生かして、がん治療に利用していくのです。

採血した血液からリンパ球を分離し、体外で高活性、高純度化させたNK細胞を投与することによって、がん細胞への免疫効果を高めていきます。

ハイパーT/NK細胞療法

ハイパーT/NK細胞療法とは、がん細胞を攻撃する免疫細胞を、大量かつ高純度に培養して投与する「免疫細胞療法」。簡単に言うと、がん細胞対免疫細胞の戦いを活性化させる療法です。

ハイパーT/NK細胞療法で使用されるのは、プラス多機能を秘めたハイパーT細胞、邪魔な細胞を殺傷するNK細胞、免疫を強化してくれる成熟Tリンパ球。これらを併用した免疫細胞複合療法でがん細胞を攻撃していきます。もちろんこの治療も、患者自身の血液からワクチンが作成される治療です。副作用の心配は少なく済みます。

医療法人再生未来 R未来がん国際クリニックの基本情報

  • 診療時間:10:00~18:00
  • 休診日:木曜日・日曜日
  • 電話: 0120-462-130 / 03-6277-1805
  • 所在地:東京都港区南麻布5-10-26 ORE広尾ビル7F
  • アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅3番出口 徒歩約1分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧