メニューボタン

セレンクリニック東京

がんの免疫療法の中でも、樹状細胞ワクチン療法を行うセレンクリニック東京。治療の特徴やクリニックの基本情報を紹介しましょう。

セレンクリニック東京のがん治療の特徴

臨床実績が豊富な樹状細胞ワクチン療法

東京大学医科学研究所の培養技術や、大阪大学の研究による特許技術によって生まれた、セレンクリニック東京の樹状細胞ワクチン療法。

国内外の学術誌にも多数掲載されるほか、診療実績も豊富で、精力的に樹状細胞ワクチン療法が行っています。

WT1ペプチドを使うことで幅広い治療に適用

すでに手術を終えた方や全身状態が悪い場合などは、患者さんのがん組織を採取できないことが多いといわれています。

しかし、セレンクリニック東京では、大阪大学の研究によって開発された人工がん抗原「WT1ペプチド」を使って樹状細胞ワクチンを培養します。

「WT1ペプチド」は、ほぼすべてのがんに発現することがわかっているため、自身のがん組織を採取できなくても樹状細胞療法が受けられるようになりました。

患者さんに合わせて行われる個別化医療

セレンクリニック東京の樹状細胞ワクチン療法は、がんの抗原は患者さんのがん細胞に合わせて最適化し、ワクチンを培養します。

がん細胞が採取できない患者さんでも、「WT1ペプチド」を利用しつつ、がん抗原群の中から適した抗原を選んで治療が行われています。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

セレンクリニック東京の基本情報

  • 診療時間:10時~17時
  • 休診日:月曜、第2・第4火曜、日曜、祝日
  • 電話:03-6206-3859
  • 所在地:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア オフィスタワー11階
  • アクセス:JR「有楽町」駅中央口より徒歩1分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。