メニューボタン

汐留ガーデンクリニック

免疫細胞治療の専門医療機関との医療連携で特徴の異なる免疫療法を幅広く行う汐留ガーデンクリニック。ここではがん治療の特徴、クリニック所在地、診療時間などの基本情報をご紹介します。

汐留ガーデンクリニックのがん治療の特徴

汐留ガーデンクリニックの樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞は、がん細胞を攻撃する能力をもっているTリンパ球に、がん抗原(がんの目印)を教えて攻撃指示を与える細胞のこと。この樹状細胞を利用して、がん細胞だけを攻撃する細胞傷害性Tリンパ球を誘導する治療法が「樹状細胞ワクチン療法」です。

患者さん自身のがん組織を利用してワクチンをつくる方法と、人工的に作ったがん抗原を用いる方法があります。

数種の免疫療法を扱っている

汐留ガーデンクリニックでは樹状細胞ワクチン療法以外にも、特徴をもつ免疫療法を実施しています。

アルファ・ベータT細胞療法

がん細胞を攻撃するTリンパ球を増殖・活性化させて体内に戻す治療法です。体内の免疫細胞の働きを総合的に活発にしてくれる効果があるため、早期がんから進行したケースまで幅広く導入されています。

抗がん剤と併用すると、患者さんの体力や体調を維持してがんと戦う力を高めたり、術後の再発予防治療として効果が発揮されやすいと考えられています。

NK細胞療法

NK(ナチュラルキラー)細胞は体内を常時パトロールして異常細胞をいち早く発見・退治してくれる細胞です。がん細胞が目印を隠している状態でも認識し、攻撃する能力を有しています。そんなNK細胞を活性化、増殖させて体内に戻す治療法がNK細胞療法です。ハーセプチン、リツキサン、アービタックスなどの抗体医薬を使用している場合、併用することでより効果が期待できます。

ガンマ・デルタT細胞療法

Tリンパ球中に数%しか含まれていない希少なγδT細胞を増殖、活性化させて体内に戻す治療法。γδT細胞は、がん化しはじめた細胞を素早く感知・攻撃してくれる細胞です。骨腫瘍・骨転移治療薬のゾレドロン酸を使っている場合、併用すれば相乗効果が期待できるのも魅力のひとつ。

免疫細胞治療の専門医療機関との医療連携

汐留ガーデンクリニックは瀬田クリニックグリープと医療連携しており、採血した血液は瀬田クリニックグリープの細胞加工施設へと運ばれます。採取した血液は免疫細胞治療の専門施設CPC(セルプロセッシングセンター)に運ばれて培養・加工されるのです。細胞の培養を行うクリーンルームでは、無菌医薬品を製造する部屋と同等の管理がされており、空調設備、使用機材はコンピュータによる一元管理システムで24時間リアルタイムで稼働状態を監視しています。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

汐留ガーデンクリニックの基本情報

  • 診療時間:平日 9:00〜12:30 14:00~18:00 / 土曜日 13:00~16:00
  • 休診日:土曜午前・日曜・祝日
  • 電話:03-5537-8080
  • 所在地:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B1F
  • アクセス:大江戸線「汐留駅」よりすぐ

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧