メニューボタン

TGC東京がんクリニック

TGC東京がんクリニックは、保険診療(保険適用されている治療方法)だけでは完治が難しいという考えの元、欧米で研究が進んでいる最新の治療方法を導入しているクリニックです。

こちらでは、TGC東京がんクリニックがどのような新しい治療方法・免疫療法を導入しているのか、検査方法などと共に紹介していきます。

TGC東京がんクリニックのがん治療の特徴

TGC東京がんクリニックが実施している治療法

インフォームド・コンセント

TGC東京がんクリニックでは、免疫療法などを開始する前にインフォームド・コンセントとしてがん治療の相談を実施。セカンドオピニオンも受け付けているため、ほかの医療機関で受診した際に得た診療情報(お薬手帳や画像データ)を提供したうえで治療計画を立ててもらえます。

光免疫療法

光免疫療法とは近赤外線を用いてがん細胞のみを破壊する治療法で、欧米を中心に導入が進められています。光に反応する薬剤を点滴で投入し、がん細胞へ付着。近赤外線を照射することで、がん細胞に付着した薬剤が反応し攻撃する仕組みです。がん細胞のみを狙うことできるだけでなく、全身に光を照射できます。

遺伝子医療

がんを抑制させる遺伝子をがん細胞に入れ、細胞分裂を抑えたり自然消滅させたりといった活動を促すことでがんを治療していく方法です。がん手術後の再発防止をはじめ複合的な治療にも活かせます。高齢者や体力に不安を抱えている方にも提案されている治療法です。

自家がんワクチン免疫治療

がん患者自身緒がん組織を利用してワクチンを作り出し、それを基に治療を行っていく方法です。免疫細胞にがんの目印がつき、がん細胞のみを攻撃しやすくなります。手術だけでは取り除けなかった小さながん細胞にも効果を発揮するため、がんの再発、転移防止につながるとされている治療法です。

複合がん免疫治療

複数の免疫療法やがん治療薬などを複合(併用)して行う治療が複合がん免疫治療です。TGC東京がんクリニックではER治療とアポトーシス亢進治療による治療を提案しています。ER治療はキラーT細胞とヘルパーT細胞を活性化させる方法で、アポトーシス亢進治療は細胞の自然死サイクルを活性化させることでがんにアプローチしていく治療法です。

ガンキリン治療

がんを抑制するRBたんぱく質を阻害する可能性が高いガンキリンの働きを抑えるための治療法です。ガンキリンはがんの働きを抑制するRBたんぱく質の動きを阻害する働きを持っているといわれている、ヒトの肝細胞がんから見つかった遺伝子。この遺伝子の働きを抑えることで、がんの発現を抑えます。

アンチセンス治療

たんぱく質合成を行うセンスRNA(核酸)のなかで、機能が異常になっているセンスRNAが遺伝子になるのを食い止めるのがアンチセンス治療です。センス

RNAの働きを阻害する「アンチセンスRNA」を投与することで、がん遺伝子の発現を防止。アンチセンス治療はがん細胞の核のみに働きかけるため、正常な細胞にはほとんど影響を及ぼさないというメリットがあります。

TGC東京がんクリニックの検査方法

オンコトレース検査

オンコトレース検査とは、がん細胞とがん治療に関する総合的な検査です。がん遺伝子の発現や抗がん剤、ホルモン剤などへの感受性が調査できます。5mlの採血を行い、血液中のRNAを調査。これにより体のどこにがんが発症しているかがチェックできます。

CanTec検査

採取した血液によってライフサイクルやストレス、加齢などの後天的な原因によってがんが発症していないかを検査する方法です。検査結果に基づき生活習慣を改善し、自己免疫力をアップさせることでがん予防を目指します。

CTC検査

画像検査では発見が難しい血液中のがんを検出するための検査です。がんの転移や治療効果の度合いなどは画像検査では確認が難しいものもあるため、血液検査によって検査を行っていきます。

TGC東京がんクリニックの主治医

TGC東京がんクリニックで院長を務める小林賢次医師は、1991年に京都大学法学部を卒業後、2000年に富山医科薬科大学医学部医学科を卒業するという経歴を持っています。医学科を卒業した年に同愛記念病院の臨床検査課に入局。その後はNTT東日本関東病院、新八重洲クリニック、GENE大阪クリニックを経て2019年にTGC東京がんクリニックを開院しました。

TGC東京がんクリニックの基本情報

  • 診療時間:平日 9:00~18:00
  • 休診日:土曜・日曜・祝日
  • 電話:0120-833-177
  • 所在地:東京都中央区日本橋箱崎町17-87 山京ビル4F
  • アクセス:地下鉄半蔵門線「水天満前駅」より徒歩5分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧