メニューボタン

東京MITクリニック

ネオアンチゲン免疫療法など、がんの免疫治療を行う東京MITクリニック。がん治療の種類や特徴、クリニックの基本情報などをまとめてご紹介しましょう。

東京MITクリニックのがん治療の特徴

免疫治療の経験を積んだ医師によるチーム医療

東京MITクリニックと同じビル内に系列のアスゲンがんクリニックがあり、両院で歯腫瘍免疫や血液内科など、さまざまながん治療を行っています。

日夜研究の進む免疫治療の新しい情報を基に、ネオアンチゲン複合免疫治療などの治療法を採用。医師や看護師がチームで患者さんの治療や体調の管理、心のケアを行っています。

転移がんや進行にも有効な手段

ネオアンチゲン免疫治療という治療法をおもに、複合的にがん免疫治療を提案する東京MITクリニック。

最大の特徴は、患者さんの体内のがん細胞の表面に目印となる抗体を出現させ、免疫細胞の攻撃目標を定めて攻撃を誘導すること。

原発がんはもちろんですが、散らばってしまった転移がんや進行がんにも有効な治療法です。

さまざまな治療から適した方法を選択できる

東京MITクリニックで行う免疫療法は、ネオアンチゲン免疫治療をベースに、さまざまな治療法を用意。

たとえば、内因性ペプチド誘導治療、サイトカイン誘導治療、アポトーシス誘導治療などの治療法から、患者さんの体調や体質、希望に合わせた治療を選択できます。

ネオアンチゲン免疫治療を実施

東京MITクリニックでは、独自の免疫治療である「ネオアンチゲン免疫治療」を受けられます。ネオアンチゲンは正常な細胞には作られず、がん細胞にのみ見られる変異抗原。同じがん患者でも発現の仕方は異なります。がん細胞だけを狙って、治療できるのが特徴。正常な細胞を攻撃するリスクが減り、安全性がより期待できます。

体内で隠れてしまうがん細胞を免疫細胞が発見しやすいように、「内因性ペプチド誘導」でがん細胞に目印を立てて、免疫細胞による攻撃を誘導。その後の治療方法として、サイトカイン誘導やアポトーシス誘導、免疫チェックポイント阻害など、幅広い方法でアプローチできる複合がん免疫治療です。

ネオアンチゲン免疫治療の最大の特徴は、最初にできたがんのみではなく、転移してしまったがん、進行がんにも対応できることです。がんの種類や患者様の症状にあわせて、多方面にわたる攻撃方法が可能。いわゆるオーダーメイド式のがん治療です。またネオアンチゲン免疫治療は、がん標準治療と併用が可能。放射線治療、手術と同時に行えます。

内因性ペプチド誘導治療

内因性ペプチド誘導治療は、がんの物質である「がんペプチド」に目印をつけることで、隠れているがん細胞、増殖を繰り返すがん細胞にも有効だと言われています。そのため最初にネオアンチゲン免疫治療を行っておくことで、今度の再発や進行のリスクの軽減が期待できます。

サイトカイン誘導

サイトカイン誘導では、リンパ球を活性化させる働きがあり、内服薬では継続的にがん細胞への攻撃をします。

サイトカインは、免疫系細胞から出されるタンパク質のことです。標的となる細胞の表面にある、体の外側や体内から刺激を受け取り、細胞間の情報を伝えます。免疫細胞に働きかけて活性化するため、細胞がウイルスに感染した場合の抵抗力を高めるのに重要なタンパク質です。現在は抗がん剤として、国からの容認も受けています。サイトカインは白血球から作り出されており、現在確認されているだけでも25種類以上。ただし、免疫抑制物質の影響や手術・抗がん剤・放射線治療など様々な原因によりリンパ球機能が低下することがあります。その場合、「内因性ペプチド誘導治療」でがん細胞をわかりやすくするための目印を立てても、リンパ球による効果的な攻撃が難しくなります。

東京MITクリニックの医師

理事長:宇野克明

「がんの治療に真剣に向き合いたい」という強い信念を持っている宇野医師。がん免疫療法の選択は、ひとつではありません。発生初期、進行がんや末期がんなど、症例に合わせて治療していくことが大切です。選択を間違えてしまうと、効果が薄くなってしまいます。医療は日々進歩していて、多くのことが判明しています。その情報をしっかりと集めて、確実にがん細胞をやっつける有効な治療を行っています。

そのうえで、今までの免疫療法を上回る結果を目指してがん治療を実施。患者さんの大切な時間を、落ち込んで過ごすのではなく、一緒にがんに打ち勝っていくため前向きに治療に取り組んでいます。東海大学医学部を卒業後、日本で初めてのがん免疫検査システムをリニューアルした経験も。ガンの治療には、まだ重要課題がたくさんあります。治療対策の問題を解決するため、宇野医師は精密医療のもと「ネオアンチゲン複合免疫治療」を新設。体調、病状の管理をしながら、心のケアも行っています。

経歴

  • 1986年:東海大学医学部卒業
  • 1986年:東京女子医科大学第2外科において一般外科・救急外科を研修
  • 1988年:杏林大学医学部第1外科・免疫班に転籍、外科手術と併せて非特異的・抗腫瘍免疫治療の研究を行う。
  • 1996年:横浜市中区の医療法人財団コンフォート病院より理事長として招聘・就任
  • 1999年:これまでの免疫研究を元にして日本初のがん免疫検査システム「がん免疫ドック(イムノドック)を開発
  • 2000年:東海大学医学部外科・研究員として組織適合抗原HLAならびにがん免疫研究を再開
  • 2000年:上記コンフォート病院内にがん研究部門「免疫研究センター」を開設
  • 2004年:東海大学医学部・基礎系生体構造機能学教室・非常勤講師(兼任)
  • 2004年:ハルピン医科大学・名誉教授に就任(兼任:中国・黒竜江省)
  • 2005年:医療法人財団コンフォート病院理事長を退任・引き続き最高統括理事に就任
  • 2007年:国連支援交流協会特別顧問に就任 2009年: 免疫学的な腫瘍消失現象(アポトーシス)を強力に誘導する新規医療素材ES-27を開発
  • 2009年:ES-27を用いミトコンドリアレベルから腫瘍のアポトーシスを誘導する“がんミトコンドリア治療”開発
  • 2012年:日本初のがん免疫検査システム「イムノドック」を完全リニューアル、「リスクチェッカー」と改称し解析業務を再開
  • 2012年:新たながん専門医療施設、東京MITクリニックを東京駅前・八重洲に設立、初代院長となる
  • 2014年:東京MITクリニックの法人化に伴い「東京MITクリニック」の名称は「医療法人社団東京MIT・東京MITクリニック」へと変更、初代理事長・院長に就任
  • 2016年:紺綬褒章 授章、現在に至る

院長:村上敦子

北里大学医学部を卒業したあと、さまざまな経歴を経て東京MITクリニックの医院長になりました。村上医師が学んだ北里大学病院の創立者兼初代所長である北里柴三郎は、「日本の細菌学の父」として知られていて、感染症医学に貢献していた人物です。世界的に有名な北里大学医学部を卒業したあと、東京大学付属病院やアメリカ勤務をしているときに、自ら乳がんを経験して退職。自身も患者の立場に立った経験から、「明日は元気に」「明日も元気に」なるようにという思いで診療にあたっています。患者目線の治療、癌と40年以上かかわってきた経験を活かしながら、在宅医療・地域医療などに取り組んでいます。癌を深く知る医師だからこそ、患者に寄り添う医療を心がけているようです。

経歴

  • 1991年:北里大学医学部卒業
  • 1991年:東京大学医学部付属病院 内科 研修医
  • 1993年:東京大学医学部 物療内科入局/同愛記念病院 アレルギー呼吸器科 常勤医
  • 1994年:東京大学付属病院 東洋医学外来医
  • 1998年:東京大学付属病院 非常勤医 医学法人さくらの会理事長 米国ジョンズ・ホプキンス大学 セカンドオピニオン外来医 2008年: 乳癌のためすべての職を退職
  • 2014年:医療法人 新栄会 藤本クリニック勤務 2015年: アスゲンクリニック 院長

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

東京MITクリニックの基本情報

  • 診療時間:9:30〜18:30
  • 休診日:土日、祝日
  • 電話:0120-621-636
  • 所在地:東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル3階
  • アクセス:JR「東京駅」八重洲南口より徒歩5分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧