メニューボタン

築地神経科クリニック

がん細胞を攻撃する免疫療法、特異的な免疫を誘導するがんワクチン療法、そしてさまざまな疾患に効果があるとされている組織再生療法の三つの治療をする築地神経科クリニック。がん治療の特徴、クリニック所在地、診療時間などの基本情報をご紹介します。

築地神経科クリニックのがん治療の特徴

築地神経科クリニックの免疫療法

3つの免疫療法を取り入れている築地神経科クリニック。科学的な療法でなく、患者さん自身の免疫を活性化させる方法で、なるべく自然にがんを治療してくれます。

活性化リンパ球療法

リンパ球には多様な種類の細胞が含まれており、リンパ球が活性化すると総合的な免疫力の向上が図れると考えられています。活性化リンパ球療法は、体外で培養・増殖した活性化させたリンパ球を体内戻してがん細胞を攻撃しようという治療法です。

NK細胞療法

NK(ナチュラルキラー)細胞はがん抗原(がんの目印)がなくてもがん細胞を攻撃してくる自然免疫系の免疫細胞です。血中に一定数存在しており、がん細胞やウィルス感染細胞などを積極的に攻撃します。NK細胞療法はNK細胞を培養・増殖し、体内にもどし、がん細胞をやっつけてもらう治療法です。

樹状細胞療法

がんをやっつけるキラーT細胞にがんの目印を与えて、攻撃指示をするのが樹状細胞の役割。体外でがんの目印に似た分子ともに培養を行い、免疫誘導能力を増強するのが樹状細胞療法です。

がん特異的抗原を用いたがんワクチン療法

キラーT細胞は本人の免疫力によってがんを認識して攻撃します。がん細胞を認識できる特異的な抗原の発見によって、がん特異的抗原そのものを用いたがんペプチドワクチン療法を行うことが可能となったのです。治療では、がんに対する特異的な免疫を誘導して、がんを退治します。

破壊された組織の修復を図る組織再生療法

様々な組織に分化すると考えられている骨髄由来幹部組織。現在、基礎研究だけに止まらず血管・血液細胞、造血幹細胞、中枢神経細胞、骨などの臨床研究がおこなわれています。築地神経科クリニックでは、がんによって破壊された組織の修復を目的として、組織再生療法をがん治療に取り入れているのです。

免疫療法、がんワクチン療法、組織再生療法の3つを併用することで、副作用が少なく体に優しいかつ効果の高い免疫再生療法を目指しています。

東京にある免疫療法
クリニックの比較を見る

築地神経科クリニックの基本情報

  • 診療時間:平日 9:00〜12:30 13:30~17:00
  • 休診日:土曜・日曜・祝日
  • 電話:03-6226-3546
  • 所在地:東京都中央区築地1-9-9
  • アクセス:東京メトロ日比谷線「築地駅」2番出口より徒歩3分

掲載している治療法は保険適用外の自由診療が含まれており、自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なるため、不安な点は、各クリニックの医師に直接確認・相談したうえで治療を検討することをおすすめします。

関連ページ一覧