メニューボタン

宇部内科小児科医院

患者さんの健康に過ごせる寿命をできる限りのばすことを大切にしている宇部内科小児科医院。ここではがん治療の特徴や治療方針、基本情報をまとめています。

宇部内科小児科医院のがん治療の特徴

宇部内科小児科医院が掲げる治療課題

宇部内科小児科医院では、固形がんが進行すると完治は難しいという現実と真摯に向き合い、がんと付き合っていくのが大事だと考えています。

公式サイトでは、多くの大病院が行ってきた腫瘍縮小第一主義の抗がん剤治療では患者さんの延命効果に必ずしも比例するわけではないと報告をしています。そこで宇部内科小児科医院では、これからの進行がんに対する治療課題として、

  • 抗がん剤の匙加減療法
  • 新しい放射線療法
  • 患者さんに分かりやすい客観性を重視した免疫療法
  • 患者さんの体力、栄養管理、精神的苦痛のケア

が大事だと考えています。

3つのバランスを考えた治療

  • がんの大きさのコントロール
  • やせさせない(疼痛管理、苦痛解除)
  • 血液データ管理

宇部内科小児科医院では、これら3つのバランスを考えたがん治療を行っていくことが重要だと考えています。

がんの大きさをコントロールするには抗がん剤治療が不可欠ですが、抗がん剤に対する反応には個人差があります。そこで、抗がん剤の少量投与や匙加減療法が望まれています。

抗がん剤でがんが大きくなるのをコントロールすると同時に、栄養療法などで栄養管理や、炎症をおさえる工夫をします。

ただ単に腫瘍を小さくするのを目的とせず、どうしたらがんと付き合っていけるかを考えることを重視しているのです。

免疫療法について

宇部内科小児科医院では活性化リンパ球治療や、がんワクチンによる免疫療法を受けられます。ただし、宇部内科小児科医院では免疫療法単独の治療を推奨していません。

1cm大のがんに存在するがん細胞の数はおよそ1億いるといわれています。ひとつのがん細胞を攻撃するには数十個の免疫細胞が必要となり、それを免疫療法だけで補うのは困難だと考えているのです。

三大療法のいずれかと免疫療法を組み合わせなければ腫瘍縮小は望めません。しかし、免疫療法は目に見えないがん細胞への攻撃などでは有効な治療法であり、再発防止に役立つ可能性のある治療法です。

漢方療法

漢方薬はがんにたいして代替医療のひとつとして扱われています。

中国では大学病院レベルで漢方の抗がん剤との併用による臨床データが数多く存在するそうです。

宇部内科小児科医院は中医学の専門医との情報交換をしている立場にあり、漢方による治療のアドバイスを受けられます。

宇部内科小児科医院の基本情報

  • 診療時間:9:00~12:30 15:00~18:00
  • 休診日:火曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日
  • 電話:03-3742-0818
  • 所在地:東京都大田区西糀谷1-13-14
  • アクセス:京浜急行電鉄「糀谷駅」中央口より徒歩6分