アレルギー(過敏症)

抗がん剤を投与後に起こるアレルギー症状について。原因や対処法を紹介します。

アレルギーが起こる原因や発症時期

アレルギーのイラスト抗がん剤によるアレルギー症状は、一般的に点滴を開始してから10分以内に始まります。かゆみや発疹、ほてり、息苦しさなどがある場合、薬によってアレルギーが発症していることが考えられるため、すぐに医師や看護師に訴えましょう。

アレルギー症状は抗がん剤だけでなく、あらゆる薬剤で起こる可能性があります。アレルギー症状が起こる原因は免疫細胞による過剰な免疫反応です。

免疫細胞は体に有害だと判断された異物を攻撃して排除しますが、時に過剰に反応して必要のない攻撃をしてしまいます。これが体にとってアレルギー反応となり、様々な症状を引き起こす原因となるのです。

アレルギーの症状は投薬開始直後から数時間以内に起こることが多いのですが、なかには2~3日後に始まることも。

遅く始まる反応は「遅延型反応」と呼ばれています。抗がん剤治療を受ける前には、これまで薬によって全身の皮膚症状や気管支などにアレルギー反応が出たことがあるかどうかを必ず医師に伝えておくことが大切です。

アレルギーが現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
代謝拮抗剤
  • メトトレキサート
  • シタラビン
  • メソトレキセート
  • キロサイド/キロサイドN
植物アルカロイド
  • パクリタキセル
  • ドセタキセル
  • タキソール、パクリタキセル
  • タキソテール
プラチナ製剤
  • オキサリプラチン
  • シスプラチン
  • エルプラット
  • アイエーコール、コナブリ

アレルギーの予防法・対処法

予防法

アレルギーの予防法としては、以前に薬剤によるアレルギー症状が出たことがある場合、抗がん剤の治療開始前に医師に伝えることです。

発疹やじんましん程度だと軽く見がちですが、たとえ軽い症状でも伝えておくことが大切です。

対処法

アレルギー症状の発症が考えられる方には、抗がん剤の治療前にステロイド剤、H2受容体拮抗薬を注射して抗ヒスタミン薬を服用して対処します。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>