むくみ

抗がん剤の副作用によってなぜ、脚や腕、顔などにむくみが現れるのか。その理由や予防法を調べましたので紹介します。

むくみが起こる原因や発症時期

むくみのイラスト抗がん剤を投与したあと、体がだるい、重い、むくむといった症状が現れることがあります。体のだるさやむくみは、抗がん剤治療を開始した方の約70%が経験すると言われています。

現在のところ、だるさやむくみといった体の倦怠感については原因がハッキリと分かっていません。抗がん剤による治療を何クールも行うと、それに比例して倦怠感が続くことも多く、治療後も継続することがあります。

そのほかの要因としては抗がん剤の副作用として現れる貧血や吐き気、下痢、食欲不振、睡眠不足といった症状や、精神的な不安が影響しているとも言われています。

体のだるさ、むくみは一般的には抗がん剤の投与を始めてから3~4日後に現れることが多く、その後10~14日くらいでピークを迎えます。ピークを超えれば軽減することも多いようです。

むくみが現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
アルキル化剤
  • イホスファミド
  • シクロホスファミド
  • イホマイド
  • エンドキサン、エンドキサンP
代謝拮抗剤
  • シタラビン
  • エノシタビン
  • キロサイド/キロサイドN
  • サンラビン
プラチナ製剤
  • シスプラチン
  • カルボプラチン
  • アイエーコール、コナブリ
  • カルボプラチン、カルボメルク
生物学的応答調節剤
  • インターフェロン・アルファ
  • IFNα モチダ、オーアイエフ

むくみの予防法・対処法

予防法

だるさやむくみ、疲れやすさなどは生活の質を下げる要因にもなりますが、他の副作用と違って見過ごされやすい症状です。気になることがあったらまずは医師や看護師に遠慮なく相談をして、なるべく早く気付く事が大切です。

また、塩分の高い食品はなるべく避けた方が賢明です。

対処法

体のだるさやむくみが続いた場合、ステロイド剤を投与することもありますが、長期間の投与ではかえって副作用がひどくなることもあるため、薬物療法はあまりおすすめできません。それよりもまずカウンセリングを受け、適度な運動をしたり音楽やアロマなどで気分転換をしたりなど、日常生活の工夫を大切にしましょう。

十分な睡眠をとって不眠を防ぎ、お風呂やマッサージなどで全身の血流を良くするのも有効です。食事面も栄養バランスがとれたものをとり、体調を整えるようにしましょう。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>