吐き気・嘔吐

抗がん剤を使うことによる吐き気や嘔吐について。投与してからの発症時期や対処法などを調べました。

吐き気・嘔吐が起こる原因や発症時期

吐き気嘔吐の画像抗がん剤の使用により、副作用として吐き気や嘔吐が現れる方は多くいます。吐き気や嘔吐の原因は、抗がん剤が脳の嘔吐中枢を刺激することや、胃や食道の粘膜にダメージを与えることで起こると言われています。

嘔吐や吐き気はにおいなどの刺激や精神的な影響でも誘発されやすく、副作用に対する不安や恐怖心で起こることもあります。

吐き気や嘔吐は抗がん剤を投与してから24時間以内に起こる「急性」、数日間に起こる「遅発性」、心因などが影響することで投与前に起こる「予期性」に分類されます。このなかでも遅発性のものは発症後2~7日間続く傾向があります。

吐き気・嘔吐が現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
植物アルカロイド
  • イリノテカン
  • カンプト、トポテシン
抗がん性抗生物質
  • エピルビシン
  • ドキソルビシン
  • マイトマイシンC
  • ファモルビシン、エピルビシン塩酸塩
  • アドリアシン
  • マイトマイシン
アルキル化剤
  • ダカルバジン
  • シクロホスファミド
  • ダカルバジン
  • エンドキサン、エンドキサンP

吐き気・嘔吐の予防法・対処法

予防法

睡眠不足でも吐き気や嘔吐は出やすいと言われています。そのため治療の前日には十分な睡眠をとるのが良いでしょう。においによって誘発されることもあるので、窓を開けて部屋の換気をする、食べ物や花などのにおいに気を付けるなど、少しの工夫で予防につながります。

また体を締め付ける衣類も避ける方が無難です。食事面でも前日には消化の良いものを食べるのがおすすめです。落ち着く音楽を聴くなどして、気持ちをリラックスさせると尚良いでしょう。

対処法

吐き気や嘔吐が長く続いた場合、食欲不振や脱水症状を起こすこともあるので気を付けましょう。嘔吐した場合は冷水で口をゆすぎ、その後失われた水分とカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを補うため、スポーツドリンクを飲みましょう。

抗がん剤による治療中はお米のにおいで吐き気が増強されることがあるため、主食を麺やパンに変えるのも良いでしょう。体が疲れやすくなりますが、食べたあとは胃への圧迫を避けるため、食後1~2時間は横にならないように過ごします。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>