脱毛

抗がん剤の投与による副作用の一つ、脱毛について解説。副作用が出る原因や時期などを調べました。

脱毛が起こる原因や発症時期

脱毛のイラスト抗がん剤を投与することで起こる「脱毛」は、抗がん剤の副作用としてよく見られるものです。脱毛が起こりやすい原因は、毛髪のサイクルと細胞にあります。

毛髪は一定のサイクルで発毛と生育、脱毛を繰り返すのですが、その根本となるのは毛の根元にある毛母細胞です。

毛母細胞は細胞分裂を活発に行っているのですが、抗がん剤の影響を受けやすい細胞ですぐに破壊されてしまうのです。毛母細胞が破壊されると毛髪のサイクルが乱れ、毛の成長が止まります。

一般的に副作用として脱毛が起こるのは化学療法を開始してから2~3週間後。抗がん剤治療をしている間に脱毛が進行し、全ての頭髪が抜け落ちてしまうこともあります。女性の場合は脱毛でショックを受けることが多いものですが、抗がん剤の投与が終われば2~3ヶ月後にはまた発毛が始まります。抗がん剤による副作用の脱毛は一時的なものです。頭髪は再び生えてくるので安心しましょう。

脱毛が現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
植物アルカロイド
  • エトポシド
  • エトポシド
  • イリノテカン
  • パクリタキセル
  • ドセタキセル
  • ラステット
  • ベプシド
  • カンプト、トポテシン
  • タキソール
  • タキソテール
抗がん性抗生物質
  • ドキソルビシン
  • エピルビシン
  • アドリアシン
  • ファモルビシン
アルキル化剤
  • イホスファミド
  • イホマイド

脱毛の予防法・対処法

予防法

脱毛の予防法は日本国内では有効なものはまだ確立されていません。海外では頭皮を冷却することで影響を最小限に抑える帽子が販売されていますが、日本では認可されておらず販売されていません。脱毛は抗がん剤投与で多く起こる副作用なので、予防よりも対処に重点をおきましょう。

対処法

脱毛が始まったら頭皮を今まで以上に清潔にすることが大切です。ふけやかゆみ、痛みといったトラブルを起こさないために、体調が悪くなければ夜間に1日1回シャンプーをすると良いでしょう。また脱毛が始まる前に髪の毛を短く切っておくと、抜ける量が少なく感じてショックが和らぎます。今までのヘアスタイルを楽しみたいなら医療用のウィッグを用意しておくのもおすすめです。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>