白血球減少

抗がん剤によって白血球減少が起こるのはなぜか。対策法や予防法についても調べました。

白血球減少が起こる原因や発症時期

白血球減少のイラスト抗がん剤の治療を始めると、血液中の白血球の数が減少することがあります。血液の中には、白血球、赤血球、血小板という3種類の細胞があります。

白血球はそのなかでもウイルスやカビ、細菌といった異物を体の中から排除する役割を担っています。白血球にはさまざまな種類があるのですが、白血球の50~70%を占めているのが好中球なので、好中球の数を副作用の指標として見ることが多いようです。

抗がん剤によって白血球の数が減少するのは、抗がん剤が増殖活性の高い細胞をターゲットにするため、分裂の盛んな血液を作る骨髄もダメージを受けやすくなるからです。骨髄がダメージを受けて機能が低下することで、白血球数も減少してしまいます。

一般的には抗がん剤の投与後、2~3日で白血球数の減少が始まります。その後10~14日で最も少なくなり、3週間目になると回復を始めます。白血球数が少ない間は体を守る役割ができないため、細菌などの病原菌を排除できず、感染しやすい状態となります。感染症にかかると重症化しやすいため、注意が必要です。

白血球減少が現れやすい抗がん剤

白血球減少はほとんどの抗がん剤で現れる副作用と言われています。

白血球減少の予防法・対処法

予防法

白血球の数の減少が起きそうなら、感染症を予防するために感染経路を絶つことが大切です。

例えば普段から手を洗う習慣をつける、不必要な外出を避ける、うがい薬でうがいする、消化の良いものを食べる、正しい歯の磨き方を身に付ける、衣類をこまめに交換する、家の中を丁寧に掃除するなど。日常生活でできることから気を付けていきましょう。

対処法

日常生活の工夫ではどうにもならない場合、白血球の数の減少が起きたら、骨髄幹細胞に血球増産を働きかける薬剤を投与することがあります。

感染症が発症したら、医師の指示通りに抗ウイルス剤や抗生物質、抗真菌剤を内服して、早めに対処することが大切です。早急な対処で重篤な感染症を防ぐことができます。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>