口内炎

抗がん剤投与によって起こる副作用、口内炎について調べました。

口内炎が起こる原因や発症時期

口内炎のイラスト口内炎は口の中の粘膜に生じる炎症で、多くの場合はぷちっとした白っぽい潰瘍が頬や唇の内側、歯茎、舌などにできます。食べ物や飲み物がしみたり痛んだりするため、小さな潰瘍でもストレスがたまるものです。

抗がん剤の投与によって口内炎ができるのは、口腔粘膜の細胞分裂が活発だからです。抗がん剤が口腔粘膜の細胞内DNAにダメージを与え、その過程で発生する活性酸素も同時に口腔粘膜を損傷させます。

特に抗がん剤投与と一緒に放射線療法も受けている場合は、放射線が咽頭部に当たることで症状が強まることもあります。

口内炎は抗がん剤の投与後、2~10日くらいで発症することが多いのですが、投与を中止すれば2~4週間程度で改善していきます。自然と治りますが、塗り薬やレーザーでの治療も可能です。

口内炎が現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
抗がん性抗生物質
  • エピルビシン
  • エピルビシン塩酸塩、ファモルビシン
代謝拮抗剤
  • メトトレキサート
  • フルオロウラシル
  • メソトレキセート
  • 5-FU、カルゾナール

口内炎の予防法・対処法

予防法

口内炎ができないようにするには、普段から歯磨きやうがいをしっかり行い、口内の清潔を保つようにしましょう。丁寧にブラッシングするのも良いですが、やり過ぎると粘膜を傷つけることがあるので注意が必要です。

食事面でも香辛料が効いた辛い食事は口内へ刺激を与えるため、避けるようにします。水分をこまめにとって口内を乾燥させないのも有効です。

対処法

なるべく粘膜を傷つけないようにして過ごすのが良いのですが、それでも口内炎を発症した場合は、痛みから食事や飲み物が取りにくくなってしまいます。その結果体力が低下してしまい、病状が悪化することもあります。

口内炎ができた場合、一度抗がん剤治療を中断して回復を待つことがありますが、状況によっては医療用麻酔を用いて食事ができるようにし、体力低下を防ぐ対策をとることもあるようです。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>