しびれ

抗がん剤の投与後に起きる「しびれ」の副作用。いつ発症するのか、予防法や対策法について解説します。

しびれが起こる原因や発症時期

しびれのイラスト一般的に言う「しびれ」とは、体の一部が「ジンジンする」「力が入らない」「だるく重い」といった症状を起こすものです。症状や程度に個人差はあるものの、肌への刺激(触覚や痛覚、温感覚、冷感覚など)を的確に感じることができなくなります。

抗がん剤投与後に現れるしびれには、主に3種類があります。

まず1つ目はがんによって末梢神経が障害されることによるしびれです。感覚を脳に伝える末梢神経が傷つくことで手足にしびれを発症します。

2つ目はがんが血管まで浸潤した場合に感じる痛みやしびれです。血管の収縮と弛緩やリンパ管の炎症により起こります。

3つ目はがんにより脊髄に損傷を受けた場合に、その部分をスムーズに動かせずに発症するしびれです。

しびれの症状は手足の指先から始まることが多く、薬剤の量や頻度が多くなることで症状が進みます。抗がん剤の投与を中止しても治るまでには数ヶ月~1年程度、もしくは完治しないことも多いものです。

しびれが現れやすい抗がん剤

種別 一般名 製品名
代謝拮抗剤
  • シタラビン
  • キロサイド
植物アルカロイド
  • パクリタキセル
  • ビンクリスチン
  • ビンデシン
  • ビンブラスチン
  • タキソール
  • オンコビン
  • フィルデシン
  • エクザール
プラチナ製剤
  • シスプラチン
  • オキサリプラチン
  • ランダ、ブリプラチン
  • エルプラット

しびれの予防法・対処法

予防法

しびれを起こさせないためには、末梢神経の圧迫や損傷を防ぐために普段から姿勢を正すのが良いでしょう。重心を体の中心にして、側面から見たときには耳の穴や肩関節、大腿骨大転子、外くるぶしが真っすぐに並ぶようにします。

また日常生活では肌に刺激を与えないような生地の洋服を着る、ゆったりとしたシルエットの洋服を着る、気になる部位があってもつねったりマッサージなどで過度な刺激を与えないように気を付けましょう。

対処法

しびれが起きた場合、体を冷やすよりも温めることが有効です。冷えはしびれを増長させるため、お風呂に入ったりカイロを使ったり、洋服を1枚多く着こむなどをして体を温めましょう。

手足がしびれたら軽くマッサージをする、お湯と水に交互に手足を付けて末梢循環を刺激することもおすすめです。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>