血小板減少

抗がん剤によって血小板減少が起こるのはなぜ?その理由と発症時期について解説します。

血小板減少が起こる原因や発症時期

血小板減少のイラスト抗がん剤投与による血小板減少が起こるのは、抗がん剤の影響によって骨髄機能が障害されるからです。

血小板は血液の成分の一つであり、組織の損傷に反応して出血を止める働きがあります。怪我をしても時間がたつと血が止まるのは、血小板が正しく機能しているからです。破れた血管の穴部分に血小板がすぐに集まり、穴をふさいで固めることで出血を止めます。

この血小板が減少すると穴をふさぐことができず、「出血が起きやすい」「出血が止まりにくい」状態となるのです。

人間の血液は骨のなかにある骨髄で作られます。ところが骨髄は抗がん剤の影響を受けると、血液を作る機能が低下します。このことを骨髄抑制と呼びます。

骨髄抑制になると血小板が作られず、一般的には投与開始後7~10日ほどで減少が始まります。減少期間は2週間程度ですが、使用する抗がん剤の種類によっても差があります。

血小板減少が現れやすい抗がん剤

血小板減少は白血球減少と同じような原因によって起こります。そのため現れやすい抗がん剤も同じだと考えられます。

血小板減少の予防法・対処法

予防法

血小板減少を予防するには、自分自身の血小板数を知ることが大切です。血小板数の正常値は12万~38万/mlです。5万/ml以下になると止血に時間がかかるようになり、3万/ml以下になるとちょっとした刺激でも鼻や歯茎、粘膜、皮下から出血をします。1万/ml以下になると臓器出血の可能性が高まります。定期的に検査をして血小板減少が始まったら医師と相談のもとで対策していきましょう。

対処法

血小板減少が起こり出血が止まらないようなら、まずは医師に相談をしましょう。鼻出血や歯肉出血、外傷などは圧迫して止血することもできます。なるべく心身を安静にして過ごすようにしましょう。それでも出血が止まらない場合は医師に必ず連絡をしてください。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>