メニューボタン

働き盛り世代と家族に贈る 抗がん剤の副作用リスクマネジメント » リスクマネジメント3.第4世代の治療法「免疫療法」に迫る

リスクマネジメント3.第3・4世代の治療法「免疫療法」に迫る

がんの治療法には、外科的手術、放射線治療、投薬治療のほかには、免疫療法といった選択肢もあります。

患者自らが持つ免疫機能を底上げすることによってがん細胞の増殖を抑制する免疫治療は、1970年代から様々な治療法が開発され、成果を上げてきました。

現在行われているのは、第3世代や第4世代と呼ばれる、NK細胞療法やペプチドワクチン療法などです。

ここでは免疫療法の種類や効果を解説するとともに、免疫チェックポイント阻害剤や、サイトカイン療法などについても紹介していきます。

樹状細胞療法とは

人間の体内で働く免疫細胞のひとつである、樹状細胞を利用してがん細胞を封じ込めるワクチン療法です。

樹状細胞は体の中へ侵入してきたウイルスやがん細胞などの異物の特徴を記憶し、攻撃役のリンパ球へ伝達する働きがあります。しかし樹状細胞の数は少ないため、リンパ球に目印を伝えられるかは定かではありません。

そこで、患者の血液から樹状細胞を取り出し、体外でがん細胞の目印を覚えさせて培養します。ワクチンとして再び体内へ戻すことで、より確実にリンパ球にがん細胞を狙い撃ちさせるようになるという治療方法です。

樹状細胞療法を見る

ペプチドワクチン療法とは

がんの目印となる抗原・ペプチドワクチンを体内へ直接注入することで、免疫機能の働きを促して、がん細胞への攻撃力を底上げする治療法です。

投与したペプチドワクチンによって、樹状細胞のがんを認知する働きが高まり、異物を攻撃する役割を持つリンパ球などの細胞を活性化させます。

ペプチドワクチン療法を見る

NK細胞療法とは

NK細胞はナチュラルキラーの名前通り、体内でがん細胞などの異常な細胞を見つけると、即座に攻撃する性質を持っている細胞です。

NK細胞療法は、患者の血液からNK細胞を取り出し、異質な細胞を除去するキラー活性を高めてから再び戻す治療法。患者自らが持つNK細胞の攻撃力を高め、自らの免疫機能でがんを封じ込める治療法です。

NK細胞療法を見る

活性化リンパ球療法とは

人の免疫機能を担う細胞の中でも、侵入してきたウイルスや、がん細胞のような異物を攻撃する役割を持つのがリンパ球。体外で培養して増殖させ、攻撃力を高めてからワクチンとして体内に戻す治療法です。

培養するのは、血液に含まれているリンパ球全体であり、がん細胞を攻撃して抑制するT細胞がメインです。がんの目印をT細胞に伝える精度が高まる「樹状細胞ワクチン療法」と併用すれば、より治療効果を高められます。

活性化リンパ球療法を見る

サイトカイン療法とは

体内の細胞がウイルス感染などを起こした時、対抗するために分泌するサイトカインを利用した治療法です。インターフェロンやインターロイキンなどがあり、免疫細胞を活性化させ免疫力をアップさせる働きを持っています。

それらのサイトカインを投与することで、自己の免疫力を高めていきます。

サイトカイン療法を見る

免疫チェックポイント阻害剤とは

これまでの免疫療法とは異なった視点から開発された薬剤です。

免疫細胞は自分の細胞と異物とを判断する時、免疫チェックポイントというブレーキを使用しています。しかし、がん細胞はこのブレーキを悪用しているため、うまく退治できません。そこで、免疫チェックポイント阻害剤を利用しブレーキを外して、がん細胞を攻撃できるようにします。

いままでは、直接がん細胞を攻撃していましたが、がん細胞を攻撃するT細胞を活性化させて間接的にに攻撃させるよう促す治療法です。

免疫チェックポイント阻害剤を見る