メニューボタン

免疫チェックポイント阻害剤

免疫チェックポイント阻害剤は、T細胞が攻撃対象の異物と、攻撃しない自らの細胞を判断するときに用いる”免疫チェックポイント因子”に注目した治療法です。免疫細胞は、通常自分自身を傷つけないようにするチェック機能があるのですが、がん細胞はこのチェック機能をうまく使い攻撃を逃れています。このチェック機能を阻害し、がん細胞を確実に攻撃するよう促す、新しいタイプのがん治療薬です。

このページでは、日本で製造や販売が承認されている免疫チェックポイント阻害剤について、種類や作用の仕方、効果や副作用について解説します。

オプジーボ

京都大学の本庶佑教授の研究がノーベル賞を受賞したことで脚光を浴びた薬で、一般名はニボルマブです。人の免疫細胞には、自分の細胞を間違えて攻撃しないためのチェック機能がついており、そのチェックポイントと結合することで自分の細胞かどうかを確認しているのですが、がん細胞の中には、その機能を利用して免疫細胞からの攻撃を免れているものがあります。オプジーボは、がん細胞を仲間であると誤認してしまう免疫チェック因子のPF-1を阻害することで、免疫細胞の攻撃精度をアップさせる作用が期待される薬剤です。

オプジーボを見る

イピリムマブ

がん細胞をやっつけるT細胞が持つ免疫チェックポイント因子の中でも、CTLA-4を阻害するのがイピリムマブ。ヤーボイという商品名で販売されている薬です。イピリムマブを投与することで、細胞障害性T細胞の活動を活性化させ、免疫機能を高めてがん細胞を抑制することを目的としています。

イピリムマブを見る

キイトルーダ

キイトルーダは、一般名がペンブロリズマブという免疫チェックポイント阻害剤のひとつです。いち早く開発されたオプジーボと同様に、T細胞の表面にある免疫チェック因子PD-1を阻害することで、がん細胞への攻撃を可能にして免疫機能を活性化させる作用があるとされています。

キイトルーダを見る

テセントリク

テセントリクは、いくつかある免疫チェックポイント阻害剤の中でも、がん細胞の表面にあるPD-L1を阻害するタイプの薬剤。免疫チェックポイントの作用でT細胞ががん細胞を仲間であると誤認してしまわないように、がん細胞の表面にあるカギをふさいでしまおう、というのがテセントリクの作用です。試験で進展型小細胞肺がん患者に対して有効性が認められています。

テセントリクを見る

アベルマブ

アベルマブは、バベンチオという商品名で販売されている免疫チェックポイント阻害剤です。日本では、2017年に根治切除不能なメルケル細胞がんへの効果で製造販売承認を取得しています。アベルマブは、テセントリクの商品名で知られているアテゾリズマブと同様に、がん細胞の表面にある免疫チェック因子PD-L1を阻害する作用を持っています。

アベルマブを見る

デュルバルマブ

デュルバルマブは、商品名をイミフィンジといい、日本では2018年から国内製造と販売が承認された免疫チェックポイント阻害剤です。アベルマブやアテゾリズマブと同様に、がん細胞の表面にあるPD-L1という免疫チェックポイント因子を阻害する作用があります。抗PD-L1抗体の阻害剤としては、一番新しく承認された薬となります。

デュルバルマブを見る

免疫チェックポイント阻害剤の副作用

薬剤の投与後に現れる副作用として考えられるのは、下痢や大腸炎などの消化器系の症状や、間質性肺炎などの呼吸器系の症状、肝機能障害や内分泌障害など。紅斑や発疹など皮膚障害やギランバレー症候群などの神経障害が起こるケースも報告されています。