メニューボタン

デュルバルマブ

デュルバルマブとは

デュルバルマブは、商品名をイミフィンジといい、日本では2018年から国内製造と販売は承認された、免疫チェックポイント阻害剤です。

免疫細胞(T細胞)はPD-1という、自分の細胞と攻撃すべき細胞を見分ける因子をもちます。一方でがん細胞はPD-1と結合して「攻撃してはいけない」という命令を出す、PD-L1を持っています。そのため、免疫細胞はうまくがん細胞を攻撃できていませんでした。免疫チェックポイント阻害薬は、「攻撃してはいけない」という命令を出すPD-L1やPD-1を阻害し、がん細胞を倒すように免疫細胞を活性化させる薬です。

デュルバルマブはアベルマブやアテゾリズマブと同様に、がん細胞の表面のPD-L1という免疫チェックポイント因子を阻害する作用があります。抗PD-L1抗体の阻害剤としては、一番新しく承認された薬です。

ほかの薬との違い

免疫チェックポイント阻害剤の中で、早期に承認されたオプジーボやキイトルーダは、T細胞側の免疫チェック因子を阻害する薬剤ですが、デュルバルマブやアベルマブなどは、がん細胞側の因子を阻害する作用を持つ、という違いがあります。

デュルバルマブが用いられる目的

デュルバルマブは、日本においては切除不能な局所進行の非小細胞肺がんに対する効果が認められ、2018年から製造販売承認を得ています。具体的には、ステージ3の非小細胞肺がんが対象となり、患者数が多い肺がんの中でも、切除不能な進行がんに対する効果的な治療法として用いられています。

デュルバルマブの治療効果

これまでの治療法では、ステージ3まで進行している非小細胞肺がんは、切除手術が行える程度まで病巣を小さくするため放射線治療を行って根治を目指しますが、実際のところ80%以上の患者さんがこの方法では病勢が進行し、転移が認められるケースが多くなっていました。

デュルバルマブを投与した臨床試験では、プラセボ投与の患者さんに比べ、病状が悪化せずに生存した期間が長くなっていることが認められているそうです。

デュルバルマブの副作用と対処法

デュルバルマブを投与する臨床試験で確認された主な副作用は、発疹や甲状腺機能低下症、下痢、間質性肺炎など。最も多かった皮膚への発疹は、全体の約15%程度の患者さんにみられました。ほかの免疫チェックポイント阻害剤の副作用と同様に、下痢などの消化器系の症状や、肺炎などの呼吸器系の症状も多く見られたようです。

いずれにせよ、投与治療を受けた後に何らかの体調の変化が現れた場合は、早急に処方した医師の診察を受けることが大切です。