メニューボタン

オプジーボ

オプジーボとは

京都大学の本庶佑教授の研究がノーベル賞を受賞したことで脚光を浴び、薬価が高額であることなどでも話題となっているオプジーボ。一般名はニボルマブといい、免疫チェックポイント阻害剤のひとつです。

人の免疫細胞には、自分の細胞を間違えて攻撃しないためのチェック機能がついており、その目印と結合することで自分の細胞を確認しています。しかしがん細胞の中には、その機能を利用して免疫細胞からの攻撃を免れているものがあります。免疫チェックポイント阻害剤は、がん細胞の「攻撃してはいけない」と誤認してしまう分子を阻害することで、免疫細胞の攻撃精度をアップさせる作用があります。

ほかの薬との違い

たんぱくの合成や細胞シグナルを阻害してがんを攻撃させる抗がん剤と違い、免疫そのものに作用している薬です。

オプジーボは、体内へ侵入したウイルスや異物を攻撃する役割を担うT細胞に働きかけ、T細胞の攻撃を抑制しようとするシステムを阻害する薬剤です。

通常免疫細胞(T細胞)は自分を傷つけないように、PD-1というチェックポイントを持ちます。しかし、がん細胞はチェックポイントに結合するPD-L1というブレーキをもっているため、攻撃されません。オプジーボは、がん細胞のPD-L1と結合する前にT細胞のPD-1と結合することで、攻撃力を回復させる力を持ちます。

オプジーボを投与することによって、T細胞はより効果的にがん細胞を攻撃できるようになることが報告されています。

免疫細胞が利用している免疫チェックポイントとなる分子は、オプジーボが阻害するPD-1のほかにもいくつかあり、その分子ごとに阻害剤が開発されています。

オプジーボが用いられる目的

手術による治療が難しい方や転移されている方で、抗がん剤などによる化学療法を受けたことがある患者さんが対象です。悪性黒色腫・非小細胞肺がん・腎細胞がん・胃がん・頭頚部がん・悪性胸膜中皮腫・ホジキンリンパ腫などの療法で使われます。

オプジーボは、がん細胞への攻撃を担うT細胞の免疫チェック分子を阻害する薬ですし、免疫チェックポイント阻害剤の中では初期に開発されたものですので、最も早く使用が始まっています。

オプジーボの種類と効果

オプジーボと同様に、T細胞の免疫チェック分子PD-1を阻害する薬剤としては、ほかにペンブロリズマブがあります。こちらは商品名・キイトルーダといい、日本では2016年に承認された後発の薬剤です。

いずれの薬も、始めは悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として承認され、オプジーボの場合は2016年に腎細胞がんにも適応が拡大されました。

オプジーボの副作用と対処法

これまでの抗がん剤治療に比べると、副作用が少ないと言われています。しかし、8割の患者さんに、倦怠感や吐き気、嘔吐などの軽い副作用がみられたという報告もあります。中には、間質性肺炎などの重大な副作用が現れたケースもあったそうです。