メニューボタン

樹状細胞療法

樹状細胞療法とは

人間の体内で働く免疫細胞のひとつである、樹状細胞を利用してがん細胞を封じ込めるワクチン療法です。

樹状細胞は体の中へ侵入してきたウイルスやがん細胞などの異物の特徴を記憶し、攻撃役の細胞へ伝達する働きがあります。この働きを利用して、樹状細胞へがん細胞の特徴を覚えさせ、ピンポイントでがん細胞を攻撃させるのが、樹状細胞療法です。

樹状細胞は元々数が多い細胞ではありませんので、患者の体内から取り出し、体外でがん細胞の目印を覚えさせて培養、治療効果が上がるくらいにまで数を増やして、ワクチンとして再び体内へ戻します。

ほかの治療法との違い

樹状細胞療法は、患者の体内から樹状細胞の元を取り出し、それを培養してワクチンを作ります。基本的には、患者の体内の細胞と同じものですから、拒絶反応が少ないという特徴があります。また、標的とするがん細胞も、患者の体内から取り出して樹状細胞の目印とするので、患者ひとりひとりに合あわせたオーダーメイドのワクチンを作ることができます。

樹状細胞療法が用いられる目的

最近では簡単に採血できる末梢血から樹状細胞を培養することができるようになったため、全身状態が不安定な方や長時間じっとしていることが難しい方などでも治療を受けられます

培養した樹状細胞をワクチンとして投与し、全身へ作用させることができるので、外科手術が適応とならない方や、転移が広がっている方などにも用いられる治療法です。

樹状細胞療法の種類と効果

人工抗原樹状ワクチン療法

患者の身体からがん組織を取り出すことができない場合に適用され、「WT1ペプチド」などの人工抗原を使って樹状細胞ワクチンを作る療法です。人工抗原はほぼすべてのがんの目印として使用できます。ただ白血球の型が適合する方のみ、この方法を受けることができます。

自己がん組織樹状細胞ワクチン療法

手術などで取り出したがん細胞を使用して、樹状細胞ワクチンを作るオーダーメイド治療です。1cm角以上の大きさのがん細胞があれば適用となります。

局所樹状細胞ワクチン療法

培養した樹状細胞ワクチンを、がんに直接注入する治療法。乳がんや悪性リンパ腫など直接注射できる場所に患部がある患者さんが適用となります。

樹状細胞療法の副作用と対処法

樹状細胞ワクチンは、間接的にがん細胞をピンポイントで攻撃させるため、その他の細胞を傷つけるリスクが少ないと言われています。そのため、大きな副作用は報告されておらず、主なものとして、発熱や全身の倦怠感、注射した箇所の赤身や腫れなど。いずれも数日でなくなるそうです。