メニューボタン

活性化リンパ球療法

活性化リンパ球療法とは

患者さんからリンパ球を採取し、攻撃力を高めてから培養して再度戻す療法です。

人の免疫系の細胞の中でも、実際にがん細胞を攻撃する役割を担うリンパ球。体力が弱っている患者さんは、リンパ球数が少ないことがあります。がんと闘ってくれるリンパ球の殺傷力を高めつつ、数も増やしてがんと闘う治療法です。

培養する対象となるのは、血液に含まれているリンパ球全体であり、なかでもがん細胞を攻撃して抑制する働きがあるT細胞を培養することがメインです。

T細胞へ、がんの目印を教えてくれる樹状細胞を使った「樹状細胞ワクチン療法」を併用することで、より治療効果を上げることができます。

ほかの治療法との違い

活性化リンパ球療法をよく比較されるのは、NK細胞療法です。

NK(ナチュラルキラー)細胞はリンパ球の一種で、全体の1割から3割程度しか含まれていませんが、非常に攻撃力の強い細胞です。このNK細胞に特化して培養し、ワクチンとして投与するのがNK細胞療法です。

一方活性化リンパ球療法では、NK細胞とその他の細胞も含むリンパ球全体を培養します。

活性化リンパ球療法が用いられる目的

抗がん剤治療の副作用で白血球(リンパ球)が破壊されてしまうことがあります。副作用により免疫力が落ちている方は、血液中のリンパ球を取り出して培養し、活性化させて体内に戻してあげることで、免疫力を底上げすることができます。

また、血流やリンパの流れに乗せて体全体に回るため、全身へがん細胞が飛び散っている可能性がある場合にも有効であると考えられています。

患者さんから採取する血液の量も20mL~50mLと少量なので、小さなリスクで行える治療法と言えるでしょう。

活性化リンパ球療法の効果

この治療法が始まった当初は、抗がん剤治療によって落ちてしまう免疫力を底上げすることが目的とされていました。しかし現在では、積極的にがん細胞を攻撃できる治療法として利用されています。「樹状細胞療法」を併用して行うことで、より高い確率でがん細胞を抑制できるようになってきたからです。

樹状細胞は、リンパ球の中の7割を占めるT細胞へ、がん細胞の目印を伝達して攻撃させます。リンパ球という兵士を増やし、樹状細胞という指令棟も活性化させることで、がん細胞への攻撃力を高めることができるのです。

活性化リンパ球療法の副作用と対処法

活性化リンパ球療法は、採血によって採取したリンパ球を培養して投与する治療法なので、体への負担が小さめ。また、特に大きな拒絶反応や副作用は報告されていませんので、安心して治療を受けることができます。