メニューボタン

NK細胞療法

NK細胞療法とは

NK細胞は、リンパ球の一種でナチュラルキラー細胞のこと。“生まれながらの殺し屋”の名前通り、体内でウイルスに感染した細胞やがん細胞など、異常な細胞を見つけると、即座に攻撃する性質を持っています。リンパ球の1割から3割程度は、このNK細胞であると言われていて、高い攻撃力を持つ免疫系の切り札とも言えます。

NK細胞療法は患者の血液からNK細胞を採取し増殖させ、異質な細胞を除去するキラー活性を高めてから再び戻す方法です。がん患者は、NK細胞が減っている・細胞の活性化が難しい状況にあるため、このような治療法が生まれました。患者自らが持つNK細胞の攻撃力を高め、自らの免疫力でがんを抑制する治療法と言えます。

ほかの治療法との違い

樹状細胞療法も、免疫細胞のひとつである樹状細胞を教育してがんの目印を覚えさせ、攻撃力を高める治療法ですが、がん細胞の一部は目印を隠してしまうことがあり、治療効果が上がらない場合があります。

NK細胞は目印を隠しているがん細胞も見つけて攻撃することができるので、樹状細胞療法ですり抜けてしまうがん細胞も、NK細胞療法なら抑制できるのです。

NK細胞療法が用いられる目的

樹状細胞療法など、ほかのワクチン療法でなかなか効果が上がらない場合に、NK細胞療法と併用すると治療効果が上がることがあります。また、自分の血液から培養したワクチンを点滴するだけの治療なので、体への負担が少なく、あらゆる体調の人でも適用できる利点もあります。

NK細胞療法の効果

NK細胞療法は、ペプチドワクチンや樹状細胞療法など、ほかのワクチン治療と併用することで、がん細胞への攻撃力を高めることができます。抗がん剤の治療などと違って、長期間の入院などの必要がないため、身体的および精神的な負担が少ないのもメリット。また、ワクチンを投与すると血流やリンパの流れにのって効果を発揮するため、転移や再発の可能性がある方や、がん細胞が拡散している可能性が高い方にも有効であると考えられます。

NK細胞療法の副作用と対処法

自らの血液から培養したワクチンを投与する治療法であるため、強い拒絶反応が起こることは考えられません。また、正常な細胞を傷つけることなく、がん細胞だけを攻撃できるので、大きな副作用は報告されていません。注射した場所が腫れるなどの症状が出たとしても、数日で治まることがほとんどです。