抗がん剤副作用対策ガイドTOP » 抗がん剤投与で気になる副作用

抗がん剤投与で気になる副作用

抗がん剤の投与が決まったら、その治療がどれほどの効果を発揮してくれるのか、期待と不安が押し寄せると同時に、抗がん剤投与後の副作用についても気になってしかたがないと思います。ここでは、実際に乳がんの抗がん剤治療を経験したライター緒川みおさんが自分の経験を元に、抗がん剤投与後の副作用についてまとめてくれました。

抗がん剤の投与前に知っておくべきこと

薬のイメージこれから抗がん剤治療を受ける方が気になること。それは、薬の効き目もさることながら、投与後の副作用に関することではないでしょうか。吐き気やめまいがひどい、髪の毛が抜ける、手足がしびれるなどなど、副作用の辛さばかりがクローズアップされ、不安な思いをしている方も少なくないと思います。しかし、こうした副作用で苦しんでいたのはひと昔前の話。今は、副作用を抑える薬や、副作用自体が起こりにくい抗がん剤などが開発され、患者さんへの負担は大幅に軽減されています。

抗がん剤治療は時代とともに変わりつつあります。少ない量の薬で同じ効果を発揮する新薬の開発や、さまざまな副作用の症状を緩和する「支持療法」の進歩によって、副作用をコントロールすることが可能になりました。

がん治療は「支持療法」のサポート次第で前向きに受けられるもの

支持療法とは、ひと言でいうと「治療を受ける患者さんをサポートするための治療」です。がんそのものによる症状や、治療に伴う副作用を緩和し、患者さんの負担を少なくするために行なわれる予防策や治療のことを指します。こうした支持療法の発達により、現在は通院しながら投与を受けることができるくらい、抗がん剤の副作用を抑えることができるようになっています。

抗がん剤はがんを治癒するだけでなく、がんを小さくして手術を行いやすくしたり、再発を予防したりする、がん治療に欠かせない療法のひとつです。やみくもに副作用を怖がるのではなく、自分の使う抗がん剤がどのようなものなのか、どんな副作用が予想されるのかを正しく知ることが大切です。何が起こるかわかっていれば早く的確に支持療法が受けられるため、症状が重くなるのを防ぐことができます。

また、生活習慣や食事の見直しや適度な運動などを通して「抗がん剤に負けない体を作る」ことでも副作用を軽減することができます。事前にしっかり対策を立てることで、より安心して治療を受けることができるのです。

そこでまずは、「投与後の抗がん剤が体に与える影響」「副作用を軽減するために自分でできること」「後遺症はあるのか。どのように防げばいいのか」など、気になる5つのポイントについてご紹介していきましょう。

抗がん剤の副作用が現れる時期はいつなのか

抗がん剤を投与したあと現れる副作用は、症状によって出現時期が異なります。

投与した直後は痒みや発疹などのアレルギー反応、吐き気・嘔吐。1週間以内は全身の倦怠感や食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢など。2週間以内は白血球や血小板の減少、下痢、貧血、口内炎、胃もたれなど。それ以降は脱毛、手足のしびれ、皮膚症状の変化や肺炎、感染症、腎機能障害などがあります。最も多く現れる副作用は、吐き気や全身の倦怠感、白血球の減少と言われています。

抗がん剤の副作用の出現時期について詳しく見る>>

抗がん剤の副作用が出たら注意すべき食事と生活習慣

抗がん剤の副作用が出たら、食事や生活の面でさまざまな不具合が生じます。つらい副作用を軽減するためには、食習慣や生活習慣を見直してなるべく普段どおりに過ごせるような工夫が必要です。

病気になる前は気にも留めていなかったささいなことが、抗がん剤投与後のデリケートな時期には悪影響をおよぼすこともあります。どのようなことに注意すべきかまとめました。

抗がん剤の副作用が出たら食事や生活で何に注意すればいいか詳しく見る>>

抗がん剤の後遺症と副作用の違い

抗がん剤を投与後に残る後遺症の代表は「末梢神経障害」です。情報伝達を行う組織の一つであり、ダメージを受けることで異常をきたします。末梢神経障害が起こると、「手足が痺れる、感覚がなくなる」「歩行でつまずく」「椅子から立ち上がれない」といった症状が起こります。

抗がん剤の副作用は一時的なもので時間の経過とともになくなっていきますが、後遺症は長い年月悩まされる可能性もあります。ここではそんな後遺症と副作用の違いや対処法、さらに乳がん治療後の後遺症に悩んだライターの体験談も載せています。

抗がん剤の後遺症と副作用の違いについて詳しく見る>>

抗がん剤の効果とその役割を知る

そもそも抗がん剤はなぜがんに効くのでしょうか。副作用が起きることがわかっていても、抗がん剤治療(化学療法)を選択する理由は何なのか、改めて考えてみたいと思います。じつは抗がん剤のルーツはなんと第二次世界大戦にあるというから驚きです。

そこでここでは抗がん剤治療の歴史や抗がん剤の効果とその役割、最先端のがん治療と有効性などについて調査してみました。ニュースで話題となった国立がん研究センターの衝撃の調査結果についても触れています。

抗がん剤の効果とその役割について詳しく見る>>

抗がん剤治療に必要な期間はどれくらい?

ほとんどの場合、通院しながら抗がん剤の投与を受けることが多いのですが、共通しているのは3~4週間を1クールと呼んで、数クール治療を続ける点。がんの種類やステージにより投与期間も異なります。

ではなぜ抗がん剤の投与は1回で終わりにならないのでしょう。ここでは抗がん剤治療に必要な期間やサイクル、なぜ休養期間が必要なのかについてまとめています。

抗がん剤治療に必要な期間ついて詳しく見る>>

いまから約10年前、乳がんと闘うことになったわたしの場合

フリーライターのわたし(緒川みお)が結婚して半年後、右胸にしこりを感じて検査を受けたところ、乳がんであることがわかりました。それまで大きな病気やケガをしたことは一度もなく、「病院はお見舞いに行くところ」と思って生きてきたわたしにとっては驚天動地の大事件です。しかしそのとき胸の内にあったのは「コレはとても貴重な体験!?」という非常に不謹慎な好奇心でした。

がんは終わりのない闘いだとよく言われます。約半年の入院生活のあいだに、2回の抗がん剤治療を受け、右胸を全摘出し、退院後はホルモン療法に切り替えて経過を看ました。こうした自分の治療経験が、同じ病気で悩んでいる方のお役に立てばと思い、今回このサイトにてレポートを書かせていただくことになりました。

抗がん剤に対して客観的で正確な情報を知ることが重要

わたしが治療を受けた病院では、使用する抗がん剤が決まった段階で診察時に担当医からレクチャーがありました。どんな薬を投与されて、どのような副作用があるのかについてです。副作用が起きてもそれに対応する方法があることもそのとき説明を受けたので、あまり不安はありませんでした。病院によっては、小冊子を配っているところもあるようですね。

化学療法を受けるにあたり、まず自分でも、抗がん剤に関する情報をインターネット等で調べました。なかにはネガティブなことが書かれているサイトもあり、ちょっぴり不安になったこともあります。いろいろと読みあさりましたが、最終的には「副作用の出方には個人差がある」「多くの副作用は薬で対処できる」「薬が効くからこそ副作用も起こる」と覚悟を決めて臨みました。大切なのは、抗がん剤に対して客観的で正確な情報を知ることだと思います。心の準備ができているだけでも、ずいぶんラクになりますよね。

抗がん剤による治療はけっこう体力を使います。健康で体力のある人のほうが、副作用からの復帰も早いと聞いていたので、とにかく万全な体調で治療を受けられるように心掛けました。がんと診断されてから治療が始まるまでは、闘病に対する不安や入院の準備などで心理的にも物理的にも落ち着かず、正直ほかのことをやっている余裕はないというのが本音でしょう。でも、そういうときだからこそ、食事や睡眠をしっかりとり、気持ちをクールダウンさせて体力を温存することが大事かなと思います。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献