HOME » 抗がん剤の投与で気になること » 抗がん剤による後遺症

抗がん剤による後遺症

抗がん剤を使うことで引き起こされる後遺症には、どのような後遺症があるのかを調べました。

抗がん剤による「末梢神経障害」とは?

抗がん剤を投与することで起こる可能性のある後遺症には、末梢神経障害があります。末梢神経障害とは、体内の情報伝達を行う組織の一つである末梢神経が、ダメージを受けたり異常を起こしたりする病態です。末梢神経には全身の筋肉を動かす運動神経や、血圧・体温の調節などを行う自律神経、触れた時の感触や痛みを感じる感覚神経などがあります。

感覚神経に障害が現れた場合の症状

抗がん剤により末梢神経の感覚神経が障害された場合は、

  • 手や足がじんじんと痛む
  • 手や足の感覚がなくなる
  • 手や足がぴりぴり痺れる

といった症状が起こります。

運動神経に障害が出現した場合の症状

運動神経が障害された場合は、

  • 物を良く落とす
  • 手や足の力が入らない
  • 歩行が上手くできずつまずく
  • 階段が登れない
  • 椅子から立ち上がれない

といった症状が起こります。

自律神経に異常が現れた場合の症状

また自律神経が障害された場合は

  • 下半身に汗をかかない
  • 手や足が冷たい

といった症状が起こります。

末梢神経障害が副作用として出やすい抗がん剤の種類

末梢神経障害は抗がん剤の影響だけではなくさまざまな原因で起こるものですが、抗がん剤の使用が原因で起こることも多く、代表的な後遺症の一つです。例えばタキサン製剤(パクリタキセル・ドセタキセル)やビンカアルカロイド製剤(ビンクリスチン・ビノレルビン)、白金錯体製剤(オキサリプラチン)などでは、高頻度に副作用として感覚障害や痛みが現れることが分かっています。

後遺症予防のためには日々のケアが大切

後遺症が心配だからといって、薬を自己判断で増やしたり減らしたりしてはいけません。抗がん剤投与中に何か気になる症状があれば、何が原因かを突き止めたうえで適切な処理を受けるためにも、まずは医者に相談をすることが大切です。

また後遺症が起こってからではなく、起こる前に予防をして症状を起こさない、もし症状が現れても重症にならないようにすることも重要です。それには「免疫力をアップさせること」「活性酸素の過剰な発生を防ぐこと」に気を付けましょう。免疫力を高めることや活性酸素の過剰な発生を防ぐことで、抗がん剤使用により現れる副作用をある程度抑えることができます。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」について調べる>>