抗がん剤副作用対策ガイドTOP » 抗がん剤投与で気になる副作用 » 抗がん剤の副作用がでたら注意すべき食事と生活習慣

抗がん剤の副作用がでたら注意すべき食事と生活習慣

抗がん剤を投与して治療している期間、食事や生活習慣でどのようなことに注意すればいいのか、さらに感染症を防ぐためのコツなどをアドバイスします。

抗がん剤投与中の副作用を軽減するコツ
~生活習慣や食生活で注意すべきこととは~

抗がん剤の副作用は薬で抑えることもできますが、食事や生活習慣を改善することでも症状を軽減することは可能なのでしょうか。治療中の体のコンディションは、健康なときとはまったく違います。

抗がん剤の投与後、日常生活ではどんなことに注意すればよいのでしょうか。ここでは、吐き気や食欲不振を軽減し、十分な栄養を摂れる食生活のコツや、感染症や炎症を防ぐために日常生活で注意すべきポイントなどについて調べてみました。

症状 食生活の工夫
吐き気・嘔吐
  • 無理して食べないほうがよい場合もあるので、まずは担当医に相談を
  • 刺激やにおいの少ないものを選ぶ
  • 冷たいものやあっさりしたもの、口当たりのよいものなどを少しずつ食べる
食欲不振
  • 食べやすいもの、食べたいものを少量ずつ、回数をわけてゆっくり食べる
  • 食べられるかなと思ったときに少しでも食べられるように、好きなものを手元に用意しておく
  • 食べたくないときでも水分(スポーツドリンクなど)をできるだけとるようにする
下痢
  • 消化のよいものを少しずつ食べる
  • バナナや果物のジュースなど、カリウムの多い食品をとる
  • 牛乳や乳製品、辛い料理、炭酸飲料は避ける
便秘
  • 水分を多めにとるようにする
  • いも類やきのこ類など繊維質の多い食べ物や、ヨーグルトなどの乳酸菌製品をとる
  • 無理のない程度の軽い運動を心掛ける
貧血
  • 鉄分やタンパク質の多い食事をとる
  • ビタミンB12を含む食品を多くとる
  • バランスのよい食事を心掛ける
味覚異常
  • においの強い肉や青魚、納豆などは避ける
  • 酢や柑橘類の酸味を利用して風味を添える
  • 人肌程度に温めて食べる

楽しく、おいしく食べる工夫でしっかり栄養補給

抗がん剤の投与後は、口内や胃腸の細胞がダメージを受けることから、どうしても食欲や消化吸収力が落ちてしまいます。体力を維持し、体の免疫力を高めるためにしっかりと栄養をとりたいところですが、無理して食べてもつらいだけ。逆に下痢や便秘を誘発してしまうこともあるので注意が必要です。

治療を受けている期間だからこそ、楽しく、おいしく食べる工夫が必要です。エネルギーやたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどが不足しないように、バランスのとれた食事をするよう心掛けなければなりません。

どのようなものを食べればよいのか、メニューやレシピ、調理法がよくわからない…という方は、病院などの管理栄養士に栄養相談や食事指導を受けることもできます。治療中の病院で受け付けていない場合でも、自治体や専門のクリニックが各所で相談会を開いているので、まずは担当医や看護師に聞いてみましょう。

最近では「食欲のないときのお助けレシピ」「免疫力を高めるメニュー」といった、抗がん剤治療を受けている人向けの献立を紹介しているレシピサイトなどもあります。こうした情報を活用しながらしっかり栄養補給して、副作用に負けない体をつくりましょう。

感染症に注意しながら体力・免疫力をアップ

副作用は体力が落ちると強く現れることがあるので、できれば治療を受ける前から生活習慣を見直して、体力の維持&アップに努めたいところです。しかし、病気や突然やってくる(気付く)もの。治療が始まってからは、なるべく体力を落とさないよう、まずは感染症の予防を心掛けることが第一です。手洗いやうがいを欠かさず、外出時にはマスクをつける。また、食事も加熱処理されたものを食べるようにしましょう。

抗がん剤を投与しているあいだは、さまざまな副作用に対して体があらがうため、つねに体力を奪われ強い倦怠感に襲われます。体力を回復するためには、先ほどふれたようにバランスのよい食事をとること。そして、無理をせず休養することが肝心です。

下記に生活習慣上の工夫をまとめましたので参考にしてみてください。

症状 生活習慣の工夫
倦怠感
  • こまめな休息を回数多くとる
  • 十分な睡眠をとる
  • 深呼吸をしたり、好きな音楽を聴いたり、できる限りリラックスできる時間をつくる
口内炎
  • 食後と就寝前に歯磨きやうがいを行い、口の中を清潔に保つ
  • 口の中を乾燥させないようにする
  • やわらかい歯ブラシを使い、口の中を傷つけないようにする
感染症
  • 食事の前、トイレや外出後に必ず手洗いをする
  • 起床時、外出後、食事の前に必ずうがいをする
  • なるべく人混みを避ける
血小板減少(出血)
  • 激しい動作や運動は避ける
  • 打撲や外傷に注意する
  • アルコールは控える
末梢神経障害(手足のしびれ)
  • 感覚が鈍くなるので転ばないように注意する
  • 温感も鈍くなるのでやけどに注意する
  • ぬるめのお湯で手先、足先を温め、優しくマッサージする

深呼吸や軽いストレッチでコンディションを整えて

抗がん剤投与後はとにかく疲れやすくなっていますので、休息をいつもよりこまめに回数多くとるように心掛けてください。体力が回復してきたら、今度は免疫力を高める生活習慣を取り入れてみるとよいと思います。

免疫力を高めるのに必要なのは、適度な運動と十分な睡眠です。運動といっても軽いストレッチと深呼吸だけでOK。睡眠時間は1日7~9時間程度が理想です。枕などの寝具を変えて睡眠環境を整えるのもおすすめです。

コンディションを整えるように気をつけて生活の質を向上させれば、副作用のつらさはかなり軽減されるはずです。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

【特集】抗がん剤の副作用軽減で注目のポリフェノール「催芽ブドウ種子」とは?>>