HOME » 抗がん剤の投与で気になること » 抗がん剤投与中に注意したい食事や生活習慣

抗がん剤投与中に注意したい食事や生活習慣

抗がん剤で治療している期間、どのような食事や生活習慣にしたら良いのか、感染症の防ぎ方などをアドバイスします。

抗がん剤投与中に気を付けるべき食事

抗がん剤を投与している間は、体力の維持や感染を防ぐという意味からも、普段以上に食事内容に気を付けたいものです。闘病中は頑張って食べようと思うと食べるのが辛くなってしまうこともありますが、エネルギーやたんぱく質、ミネラル、ビタミンは不足しないように食事内容を見直してとるようにしましょう。

食事のポイントとしては、抗がん剤による副作用の種類によっても異なります。それぞれの症状に合わせた食事の工夫をしてみましょう。

症状 食事の工夫
吐き気・嘔吐
  • 刺激やにおいの少ないものを選ぶ。
  • 冷たいものやあっさりしたもの、口当たりの良いものなどを少しずつ食べる。
  • 食べられない時でも水分(スポーツドリンクなど)をできるだけとるようにする。
下痢
  • 消化の良いものを少しずつ食べる。
  • バナナや果物のジュースなど、カリウムの多い食品をとる。
  • 牛乳や乳製品、辛い料理、炭酸飲料は避ける。
味覚異常
  • においの強い肉や青魚、納豆は避ける。
  • 酢やゆず、レモンなどの酸味を利用して風味を添える。
  • 人肌程度に温めて食べる。
貧血
  • たんぱく質やビタミンB12を含む食品を多くとる。
  • バランスの良い食事を心掛ける。

生活習慣を見直すことも大切

抗がん剤を投与している間は食事内容を見直すと同時に、生活習慣の乱れも直すようにしましょう。副作用は体力が落ちると強く現れることがあるので、生活習慣を見直して体力維持、体力アップに努めたいものです。

また感染予防のために、手洗いやうがい、マスクを付けることを心掛けて免疫力の低下を防ぎます。食事では加熱処理されたものを食べるようにしましょう。抗がん剤治療中は白血球数が減少することで体の抵抗力が弱くなるため、普段以上に感染症には気を付けるようにします。発熱や悪寒といった感染症の微候がないかどうかもチェックするようにしてください。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する注目の成分「催芽ブドウ種子」とは?>>