HOME » 抗がん剤の投与で気になること » 抗がん剤の副作用の出現時期

抗がん剤の副作用の出現時期

抗がん剤を投与したあと、どれくらいの期間でどのような副作用が現れるのかを調べました。

抗がん剤の副作用が現れる時期

抗がん剤を使うとがん細胞の増殖を抑える効果が得られますが、同時に正常な細胞にもダメージを与えるため、副作用を伴うことが多いと言われています。抗がん剤の副作用は、時期によって症状が変わってきます。どのような時期にどのような種類の副作用が起こるのかを見ていきましょう。

時期 起こる副作用
投与した直後 アレルギー反応(痒み・発疹・血圧低下等)・吐き気・嘔吐・発熱など
1週間以内 全身の倦怠感(疲れ・だるさ等)・食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢・便秘など
1~2週間 胃もたれ・口内炎・食欲不振・下痢・便秘・貧血・血小板減少・白血球減少など
2~4週間 皮膚症状の変化(角化・しみ等)・手足のしびれ・脱毛・膀胱炎・味覚障害・感染症・肺炎・腎機能障害・爪の変形や変色など

数多くある副作用のなかでも、最も多く現れる副作用が「吐き気」「全身の倦怠感(疲労感)」「白血球の減少」です。副作用は人によって程度が異なりますし、投与している抗がん剤の種類によっても症状は変わってきます。

吐き気などの副作用は、抗がん剤の投与をやめれば数日以内に止まるため心配はありません。ただしアレルギー反応は投薬直後に現れて、全身の臓器に重い症状を起こすアナフィラキシーがあるため注意が必要です。急激な血圧低下を伴うアナフィラキシーショックに陥ると死に至ることもあります。

検査で分かる副作用もある

さまざまな副作用のなかには、自覚症状のないものもあります。自分では気づきにくい副作用は尿や血液などの定期検査を受けることで、早めに発見することが可能です。

例えば貧血や肝障害、腎障害などは自覚症状よりも検査で発見されやすいため、抗がん剤治療をしている間は定期検査を受けることが大切です。

副作用が起こっていたとしても定期検査で早く発見できれば、適切な対処を迅速にでき、症状が重くなるのを防ぐことができます。

【特集】抗がん剤の副作用を軽減する成分「催芽ブドウ種子」について詳しく見る>>