HOME » 抗がん剤の副作用を軽減してくれる成分

抗がん剤の副作用を軽減してくれる成分

抗がん剤の副作用を軽減するには、どのような成分を摂取すれば良いか。副作用軽減に役立つ成分を紹介します。

抗がん剤の副作用を軽減するには

がん治療において抗がん剤の副作用は仕方ないと考えている方も多いものですが、抗がん剤の投与が原因の副作用は、正しい食生活や生活習慣などで症状を軽減することができます。がんを予防するためには「果物や野菜、豆類などが豊富な食事をして、動物性脂肪や赤みの肉は取り過ぎない」というのが基本ですが、加齢によって免疫機能も体力の酸化防止能力もどんどん衰えますから、それだけでは難しいものがあります。

がん予防・治療においては栄養素の不足や体力・免疫機能の低下に気を付け、血液循環や消化吸収機能を高めること。体の免疫力アップや細胞にダメージを与える活性酸素を過剰に発生させないように抗酸化力をアップさせるようにしましょう。免疫力や抗酸化力を高めれば、がん治療における副作用を軽減することが期待できます。

副作用にはサプリメントが役立つ

がんの放射線治療や手術、抗がん剤といった標準的治療では、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与え、体力、抵抗力まで低下させてしまうことがあります。それを防ぐためには、機能性食品やサプリメントを活用するのが有効です。栄養素の補充や免疫増強、抗酸化、滋養強壮などの作用があるサプリメントを適切に摂取することで、がん治療における副作用を軽減することが期待できます。では、どのような成分が有効なのか、副作用に良いと言われている成分を紹介します。

フコイダン

昆布やワカメなどに含まれる特有のヌメリ成分です。これまでの研究でフコイダンには体の免疫力を高める作用があることが分かっています。またアポトーシス作用によって、がん細胞が増殖を繰り返さずに自ら正常細胞のように死を選ぶようになります。

がん細胞は自ら血管を作ることで栄養を得ようとしますが、フコイダンはこの血管新生を抑制する作用もあります。血管が新しくできるのを抑えることで体の負担が減り、がん細胞自体も栄養を十分に得られないので内部から壊死していきます。

フコイダンについて詳しく見る>>

アガリクス

和名でヒメマツタケと呼ばれるキノコです。βグルカンをはじめとする豊富な有効成分により健康食品として注目を集めています。

体の免疫細胞を活性化することでがん細胞の発育を抑制できる作用や、βグルカンにより新しい血管の形成を抑制してがん細胞の増殖を防ぐこともできます。抗がん剤の治療効果を向上するという実験結果の報告もあります。

アガリクスについて詳しく見る>>

プロポリス

プロポリスはみつばちが作りだす物質です。みつばちの分泌液と樹液、花粉などが混ざり合った混合物で、巣の中に有害な物質やウイルスが入るのをブロックする役割があります。このプロポリスには確認できるだけで300種類以上の多くの成分を含んでいて、豊富な栄養素がそれぞれお互いに働きを高め合うことで健康効果をもたらします。

特に抗酸化作用においてはあらゆる食品以上の作用があり、さまざまな病気の予防と改善に期待がもたれています。体の免疫細胞を活性化していきいきと働かせるため、がんなどの疾患にも有効です。

プロポリスについて詳しく見る>>

メシマコブ

世界で広く分布している希少なキノコの一種です。人間の体に備わる免疫機能を活性化させる作用があり、間接的にがん細胞を叩きます。天然自然のメシマコブは限りある地域に製薬メーカーの方が多く訪れるほど希少で、効果にも期待がもてます。

メシマコブを投与したマウス実験では、がんの増殖抑制や転移抑制、延命効果、発がん予防効果を明らかにできたという報告もあります。

メシマコブについて詳しく見る>>

スクワレン

深海に住むサメの肝油から成型されるスクワレンは、不飽和脂肪酸の一種です。特に肝臓への効果が高く、慢性の肝炎を改善するのに効果的です。

スクワレンは酸素の運び屋とも呼ばれるほど、体の隅々まで十分な酸素を送ることができるのが特徴です。体の組織を活性化できるので内臓機能も高まり、血管新生を阻害するなどがん患者にも良い効果をもたらします。

スクワレンについて詳しく見る>>

催芽ブドウ種子 GSPPにも注目

さまざまな成分を配合したサプリメントがありますが、中でも今注目されているのが抗がん剤の副作用を緩和する効果がある「催芽ブドウ種子 GSPP」を配合した「レスベラトロール」のサプリメントです。

「催芽ブドウ種子 GSPP」はブドウの皮や種子などに含まれている成分で、植物が環境ストレスに対抗するために作りだす化合物、ポリフェノールの一種です。強い抗酸化力があるのが特徴で、細胞の変化を防ぐ効果に以前から注目が集まっていました。最近この強い抗酸化力が抗がん剤の副作用を軽減してくれると言われており、がん治療の副作用に悩む方からますます注目を集めています。

さらに効果で選ぶならレスベラトロールの研究から発見された新成分「催芽ブドウ種子 GSPP」を配合されたサプリメントを選びましょう。一般的なレスベラトロールに比べると効果に差があるため、抗がん剤の副作用をできる限り抑えたいと考えている方にぴったりのサプリメントです。

【特集】催芽ブドウ種子について詳しく見る>>