フコイダンの効果とその作用

サプリメントに含まれ、注目を浴びているフコイダンについて調べました。がん細胞の働きを抑制してくれる?抗がん剤治療による副作用を抑えるって本当?効果や効能があるかどうかについても載せているので、ぜひご覧ください。

フコイダンとはどのような成分?

フコイダンのイラスト昆布やワカメ(メカブ)、モズクなどの褐藻類に含まれている特有のヌメリ成分のフコイダン。1913年にウプサラ大学に所属するスウェーデン人の科学者 H・Z・キリン氏によって発見されました。

分子構造が複雑なため当時の技術では分析が困難でしたが、技術の進歩により成分が抽出できるように。水溶性食物繊維の一種であり、科学的には硫酸化フコースを主とする高分子多糖類に分類されます。

硫酸化フコース以外には、マンノースやキシロース、ガラクトースなどの成分が結合。がん抑制効果があると考えられ、医学界で注目されています。

フコイダンの効果・効能とその作用

九州大学大学院による研究結果からフコイダンには体の免疫力を高める作用があると判明したことで、免疫力アップの栄養成分として注目されています。特に注目したいのは、主に以下の3つ。

  • 細胞を刺激して免疫力を向上させる「免疫力強化作用」
  • がん細胞のみに反応し正常な働きをさせる「アポトーシス作用」
  • がん細胞が血管を作り出すのを抑える「新生血管抑制作用」

フコイダンは免疫力を向上させ、がん細胞の働きを抑制することで、抗がん剤の副作用を軽減する効果に期待できます。その他にも、ヘルペスやHIVに対抗する「抗ウイルス効果・抗菌作用」や、胃の粘膜を保護する「健胃効果(胃潰瘍・ピロリ菌を抑制)」があるとされている成分です。

免疫力向上効果

フコイダンは体内の免疫細胞を刺激して活発化させることで生産を促します。また抗腫瘍作用やNK(ナチュラルキラー)細胞の活性化させるインターフェロン-γ(IFN-γ)の生産を促すことが確認されています。

その結果、体の免疫システム全体が促進。タカラバイオ株式会社(https://agribio.takara-bio.co.jp/)によるマウスを使用した実験では、免疫力向上効果が認められたそうです。

がん細胞(S-180)をマウスに移植し、1週目からフコイダンを飼料に混ぜて与えたところ、抗腫瘍作用がありました。免疫力が向上することで、抗がん剤の使用量を減らせます。

抗がん剤の副作用軽減効果

鳥取大学医学部と民間企業(海産物のきむらや)の産学協同研究で、制がん剤治療によって生じる倦怠感などいくつかの副作用に関して、フコイダンにその副作用軽減効果が示唆されたことを国際的ながん研究の学術誌『Oncology Letters(腫瘍学・短報)』発表。世界で初めて大腸がん患者20人に6ヵ月間投与して臨床試験を実施しました。

その結果、フコイダン投与群は非投与群と比較して、抗がん剤による副作用が発現が減少するという有意なデータが確認されたそうです。

アポトーシス作用

正常な細胞は一定期間を過ぎると自ら死を選ぶように遺伝子に組み込まれており、この作用は医学用語で「アポトーシス」。人間の体には60兆個の細胞が存在しています。新陳代謝によって古い細胞が死滅し、新しい細胞と入れ替わることで、60兆個の細胞を健康に保つよう作られているのです。

ところが、がん細胞にはアポトーシス作用がないため、増え続け転移を繰り返し体中へ拡大しています。それを防ぐのがフコイダンです。フコイダンは、がん細胞を正常な細胞と同じように自ら死を選ぶように導く働きを持っており、転移を防ぐ作用があります。正常な細胞と同じように、がん細胞にアポトーシス作用を与えるとして注目されているのです。がん細胞の働きを抑制できれば抗がん剤の使用量を減らせるので、副作用の軽減に繋がります。

血管新生抑制作用

フコイダンは新しい血管を作りだす「血管新生」という働きを抑えることで、体への負担を軽減します。またフコイダンはがん細胞が自ら血管を作り出そうとするのを抑制。栄養が行き届かなくなり、細胞を内部から壊死させることに繋げます。

がん細胞は生命力の強い細胞で自ら血管を作りだす能力を備えています。血管から栄養豊富な血液を得て増殖することで、がん患者への大きな負担に。免疫細胞の力ががん細胞に負けると、症状が進行して発病してしまいますが、フコイダンが持つ力ががん細胞の活性化を抑えてくれるのです。

フコイダンを摂取すると免疫細胞も活性化されるため、がんの進行を抑える効果に期待できるでしょう。がんへの優れた抑制作用を持つフコイダンを摂取すると、抗がん剤の服用を減らせるため、副作用を軽減することに期待できます。

抗ウイルス効果・抗菌作用

フコイダンには、抗ウイルスや抗菌作用に効果が期待できます。ウイルスをアポトーシス作用(自ら死滅させる)に誘導したり、ウイルスの病原性を不活性化したりする中和抗体価上昇に効果があるとのことです。

また食中毒菌(サルモネラ菌等)の増殖を抑える効果に期待できます。抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも影響を与えるため、免疫力を低下させてしまう原因に。フコイダンは低下してしまった免疫力を補う効果があるため、摂りいれておくと免疫力をキープしてくれる成分だと言えます。免疫力が向上すれば抗がん剤の量も抑えられるため、結果的に副作用の軽減に繋がるのです。

健胃効果(胃潰瘍・ピロリ菌)

フコイダンは除菌効果あり、健胃効果が得られると研究結果が報告されています。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌。フコイダンを構成する成分のひとつである硫酸基がピロリ菌を除菌する成分として注目されています。硫酸基は胃の粘膜にも存在し、ピロリ菌が好んで吸い付く性質があるそうです。

フコイダンを摂取することで胃の中に硫酸基を増やし、胃粘膜の硫酸基の代わりとなってピロリ菌を吸い付けます。そのままを腸へと押し流すことにより胃からピロリ菌が除去され、胃を保護するとのこと。ピロリ菌は胃がんの原因と考えられているため、がん予防をするうえで必ず取り除いておきたい存在です。

フコイダンに副作用はある?

がんの薬物療法では、吐き気や脱毛、食欲不振など多くの副作用が現れることがありますが、天然成分であるフコイダンには副作用はありません。フコイダンの成分は、海藻の「ヌメリ」部分に含まれる栄養成分です。多くの健康作用があると注目を浴び、九州大学で研究が続けられています。

現在までにフコイダンを摂取して副作用があったという報告はないとのこと。第三者機関によるマウスを使った単回経口毒性試験もクリアし、安全性が実証されています。副作用ではありませんが、摂取後に血流が良くなり身体がほてることがあるそうです。また海藻アレルギーを持っている人は摂取を控えたほうが良いでしょう。

活性酸素を利用してがん細胞を破壊する抗がん剤。効果が高いというメリットがありますが、副作用も強く出るため多くの人が悩まされています。フコイダンには、細胞を正常に戻すアポトーシス作用や免疫力向上作用があり、がんの進行を抑えてくれる効果が認められているとのこと。フコイダンを摂取することで、抗がん剤の量を減らせるため、身体への負担や副作用による不調を減らせるのです。

《参照元サイト一覧》

九州大学大学院「海草由来酵素消化 低分子化フコイダンの抗腫瘍効果を中心とした研究(http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/crt/fe/index.html)

高分子もずくフコイダン エビデンス(http://fucoidan-evidence.jp/evidence/mitigation/)

フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会(http://tougouiryou.jp/fucoidan/)