メニューボタン

働き盛り世代と家族に贈る 抗がん剤の副作用リスクマネジメント » マインドセット2.がんの種類別に見る抗がん剤治療

マインドセット2.がんの種類別に見る抗がん剤治療

がんの種類別に、抗がん剤治療の特徴をまとめています。また、使用する抗がん剤の種類、効果、副作用についても解説していきます。

がんの種類別に見る抗がん剤治療

大腸がん

以前はフルオロウラシルとレボホリナートカルシウムという、2種類の薬を組み合わせた5-FU系抗がん剤の治療が主流でした

近年はこれにオキサリプラチンやイリノテカンを加えた治療が標準となりつつあります。

進行・再発がんにはこの標準治療に分子標的薬のベバシズマブを併用することもあります。

大腸がん治療の
抗がん剤を見る

肺がん

肺がんは、80%以上を占める「小細胞肺がん」と「非小細胞肺がん」の2つに大別され、それぞれ治療法が異なります。

「非小細胞肺がん」は、シスプラチンやカルボプラチンなどのプラチナ製剤に別の抗がん剤を組み合わせた併用療法。

「小細胞肺がん」は、イリノテカンとシスプラチン、または、シスプラチンとエトポシドの併用療法が標準治療です。

肺がん治療の
抗がん剤を見る

胃がん

従来、胃がんは抗がん剤が効きにくいとされていましたが、抗がん剤の進歩により高い効果が得られるようになりました。

主な治療法はTS-1(ティーエスワン)を基本にゼローダ、ドセタキセル、ハーセプチンなどを組み合わせた併用療法です。

肺がんの抗がん剤はたくさんの種類があり、症状に合わせた様々な組み合わせが検討されます。

胃がん治療の
抗がん剤を見る

乳がん

乳がんの抗がん剤はほとんどが点滴で、早期がん・手術後・再発・転移それぞれの状態に合わせた治療が行われます。

代表的な抗がん剤は、アドリアシン、ファルモルビシンなどのアンスラサイクリン系、植物アルカロイドのタキサン系など。

転移が認められる場合はアンスラサイクリン系とタキサン系を併用して治療を行います。

乳がん治療の
抗がん剤を見る

肝臓がん

肝臓がんの抗がん剤は種類が限られています。主に行われる治療は、シスプラチンの単独治療、または、5FU+シスプラチンの併用です。

肝臓以外に転移が認められる場合は分子標的薬のソラフェニブを使った全身療法が行われます。

肝臓がん治療の
抗がん剤を見る

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は、白血病・多発性骨髄腫と並ぶ血液悪性三大疾患のひとつとされ、白血球のなかのリンパ球と呼ばれる細胞ががん化した病気。

悪性リンパ腫に適応する抗がん剤は種類がたくさんあり、悪性リンパ腫の種類によって複数の抗がん剤を併用します。

悪性リンパ腫治療の
抗がん剤を見る

白血病

他のがんに比べて抗がん剤が効きやすいのが特徴。現在は抗がん剤の治療により寛解・完治が目指せるようになりました。

急性白血病ではシタラビン、イダルビシン、ウノルビシンなどの抗がん剤が使われ、慢性白血病にはインターフェロンや分子標的薬のイマチニブ、ダサチニブが使われます。

白血病治療の
抗がん剤を見る

卵巣がん

プラチナ製剤と植物アルカロイドのタキサン系薬剤を使うのが標準。

比較的、副作用の少ないカルボプラチンにタキソールを併用したTC療法は卵巣がん治療の第一選択肢として世界的に認められています。

卵巣がん治療の
抗がん剤を見る

前立腺がん

前立腺がんは抗がん剤が効かないと言われていた為、ホルモン療法が主流でした。

しかし、植物アルカロイドのドセタキセルの有効性が報告され、進行・再発がんに多く使われるようになりました。通常はステロイド剤と一緒に使います。

前立腺がん治療の
抗がん剤を見る

膵臓がん

他のがんに比べて有効な抗がん剤が確立されていませんが、手術後はゲムシタビンによる点滴、TS-1療法などを行うことで再発率の低下が認められています。

また、2013年以降はFOLFIRINOX療法やGEM/nabPTX療法など、進行がんに対する抗がん剤の承認が続き、なかには2年以上にわたり延命が見られるケースも出ています。

膵臓がん治療の
抗がん剤を見る

抗がん剤の副作用や効果を知る

抗がん剤に用いられる薬剤は、がんを死滅させることや増殖を予防させることを目的として作られており、非常に強力な薬であることから、人体へもたらす副作用も強いことがほとんどです。

がんの発症を知ることで、絶望的な気持ちを味わう人も少なくありません。しかし、このような抗がん剤があるおかげで、初期段階のがんであれば、高い確率で治療効果が期待できるのです。

そのことから、抗がん剤による副作用で少し苦しむくらいは平気だという人も少なからず存在しています。

抗がん剤を服用することで、最も恐ろしい転移を防ぐことが可能です。手術でがんを治したとしても、再発してしまっては意味がありません。

また、転移したがん細胞が知らない内に急激な成長を遂げてしまい、手遅れとなってしまうのも御免こうむりたいところです。

ですから、危険を完全に回避するためにも、がんが発症した場合は、抗がん剤も手段の一つとして考えましょう。

抗がん剤による化学療法とは

抗がん剤を組み合わせて治療を行う

抗がん剤であれば、確実にがん細胞を消滅させられるという訳ではありませんが、体全体に対してがんの増殖や転移を防ぐ効果を発揮します。

抗がん剤による治療と手術や放射線治療は組み合わせて行うことができるため、より大きな効果が得られます。

手術や放射線の照射は、局所的ながん治療の際に用いられます。がんの位置が特定できた段階であれば、手術や放射線治療により確実にがん細胞を摘出、または消滅させることができます。

しかし、この世方法では一部のがんを治療する効果しかないため、転移したがんなどをどうにかすることはできません。

抗がん剤の作用はさまざま

抗がん剤治療では、一種類の薬剤を使い治療が行なわれるのが一般的。しかし、場合によっては使う薬剤を組み合わせて使うこともあります。

抗がん剤治療に使われる薬剤は、一種類だけでなくいくつもの種類が存在しており、薬の種類によって作用の仕方が変わります。

ですから、場合によっては作用の異なる薬同士を組み合わせて治療に使うことがあるのです。

抗がん剤治療の種類

抗がん剤は作用によって、いくつかの種類にカテゴライズされます。化学物質によってがんの進行や増殖を抑えることや、がん細胞を破壊するものは、化学療法と呼ばれているのです。

他にも、がん細胞を分子レベルで確認し、それを標的に作用する薬を分子標的薬といいます。この分子標的薬を用いて行なわれる治療が、分子標的治療です。

また、ホルモン剤を用いて行う治療は、ホルモン療法と呼ばれています。これらの治療法を利用することで、がんを消滅させることや、進行、増殖を抑えることが可能です。

飲み薬と注射の違い

抗がん剤には、錠剤やカプセルなどの飲み薬タイプと注射で注入するタイプがあります。抗がん剤を服用することによって、がんが成長することを防ぐことができるのです。

がんの活動が鈍化することで、他の臓器への転移を防ぐことや、再発防止を図ることができます。

がんは小さいものが移転してしまい、ある程度の月日が過ぎれば、そのがん細胞は急激に成長するのです。

成長する腫瘍の大きさが3センチに達すると、完治することが難しいとされています。ですから、そうなる前に早期発見をして抗がん剤治療をする必要があるのです。

抗がん剤治療の進め方

がんの種類や、がんが発症する部位によって治療法は異なります。また、がんの進行具合に応じても対応方法を変えなければなりません。

ちなみに、薬物を使った化学療法は、患者の症状を見た上で無理のない範囲で行っていきます。

場合にもよりますが、大抵は一定の周期に治療をする日を決めることや、治療をしない日などを決めます。こうすることで、化学療法で副作用が出すぎるかどうかを確認するのです。

もし、問題ないようであれば、薬の量を増やすことや、そのままの流れで治療を継続していきます。

仮に副作用が強くでることがあったとしても、次から薬の量などを減らすなどして対策するため、治療を継続して行なうことができるのです。

化学療法を進める際は、このように患者の体質や体調に合わせて行なわれるため安全だといえます。

がんの三大治療とは

手術療法

がんとなった臓器の周辺組織に転移することがありますが、切開手術で取り除くのが手術療法です。

特に早期発見できた場合は、高い確率で切除することができます。がんは転移しますが、転移したものを見逃しさえしなければ、治る可能性も高まるのです。

この手術療法のデメリットは、体に傷を付けることにあります。がんの進行具合によっては、臓器の一部を切除しなければいけないこともあるのです。

しかし、最近では少しでも体に傷をつけないために、縮小手術や内視鏡などを利用することが増えているので、安心して手術を受けられるようになっています。

放射線療法

がんの病巣部に放射線を当てる治療法によって、がんを消滅させることができます。現代では、医術の進歩に伴い、がんの正確な情報や大きさなどを知ることができるようになりました。

特殊な機器を使って、得た正確な情報を元に、放射線を体外から照射することができるのです。非常に効率的でなおかつ効果の高いやり方であるため、利用度もかなり高いといわれています。

他にも、病巣部に直接放射線を送り込む密封小線源治療や内服で投与する、放射性同位元案内用療法があります。

これらの治療法も、放射線を密封した針を挿入することや注射器を使い直接放射線を送り込むので効果は高いです。

放射線治療では、主にX線が使われますが、放射線治療の他にも粒子線を使う陽子線治療や重粒子線治療も。放射線を利用しない新しいがん治療方法として、現在実用化が進んでいます。

化学療法

抗がん剤によってがん細胞を消滅させるという治療方法も存在します。この治療方法は、化学療法や薬物治療などといわれ、がんの治療ではよく利用されている治療方法です。

抗がん剤は、主に注射や点滴を利用して体内に投与されます。抗がん剤は体内へ入ると、血液に侵入し全身を駆け巡るのです。ですから、小さな転移がある場所にも効果を発揮します。

徹底的にがんを死滅させたいという場合には非常に有効な治療方法といえるでしょう。この抗がん剤治療を受けると、脱毛や吐き気、痺れや倦怠感などの副作用を伴うのがネックです。

大変効果が高いものの、副作用は患者にとっては辛いものだといえるでしょう。この吐き気や脱毛などの副作用はできるだけ避けたいと考えるのは、ごく普通の考えだといえます。

多くの人がそう考えているため、そのニーズに応えるために、最近では抗がん剤のデメリットを解消するような治療方法が考案されているのです。

また、抗がん剤治療以外では、ホルモン治療というものがあります。ホルモン治療の方が副作用がないという点では評価されています。

副作用へ不安を感じる人は、ホルモン治療を受けるという選択肢も選ぶことができるため、治療を受ける際は、よく考えてから決めましょう。