乳がん

乳がん治療で重要な役割を果たす抗がん剤について、薬の種類や期待できる効果、副作用を分かりやすく解説します。

乳がんで抗がん剤を使う目的

乳がんの治療は病巣の切除手術が基本。よほど進行していない限り手術を行いますが、がんが他の臓器に転移している場合や再発した場合には、がんに直接働きかける放射線治療や全身に作用する抗がん剤治療などを併用します。病状や進行に応じて放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせながら治療を行っていきます。

そのなかでも重要な役割を担っているのが抗がん剤治療。特に、乳がんは抗がん剤に反応しやすいがんと言われ、一部のがんには大変有効です。早期乳がんの場合は手術前に抗がん剤を使うことでがんが縮小し、温存手術が可能となることもあります。抗がん剤は、手術後の転移予防として使用するのが一般的でしたが、最近では手術前にも行うことでより高い効果が期待できるという見解があり、「新補助療法」として抗がん剤治療後の手術の有用性が期待されています。

また、進行した乳がんには、病期の進行抑制、症状の緩和、延命などを目的として抗がん剤が使用されます。

乳がんの抗がん剤治療の特徴

乳がんの抗がん剤治療は、早期がん・手術前・手術後・再発・転移それぞれの状態に合わせた治療が行われます。乳がんの抗がん剤治療はほとんどが点滴。代表的な薬は以下の通りです。

手術前・手術後

アドリアシンやファルモルビシンなどのアントラサイクリン系薬剤、タキソテールやタキソールなど、植物アルカロイドに分類されるタキサン系、リンパ節に転移がある場合はアントラサイクリン系薬剤+タキサン系薬剤などが使われます。

転移再発乳がん

上記薬剤に加えてハラヴェン、ナベルビン、ゼローダ、TS-1、ジェムザールが使用されます。

骨転移を伴う乳がん

ゾメタ、またランマークが使用されます。

HER2たんぱく陽性乳がんの場合

分子標的薬のハーセプチン、タイケルブ、パージェタなどが使用されます。

HER2たんぱく陰性乳がんの場合

植物アルカロイドのタキソールと、分子標的薬のアバスチンの併用。

乳がん治療で使われる抗がん剤の副作用

乳がんは抗がん剤が効きやすいがんですが、一方で副作用も現れやすいです。具体的には、白血球や血小板の減少、貧血、吐き気、嘔吐、食欲低下、脱毛などの症状が現れます。

乳がんの抗がん剤は通院による外来治療が原則です。そのため、副作用は自己申告しないと伝わりません。副作用が重い場合は入院や投与方法の変更を検討する必要があるため、副作用や体調の変化が生じたら主治医に伝え、適切な対処を仰ぎましょう。

抗がん剤の副作用を軽減する成分について詳しく見る>>