白血病

白血病の治療で重要な役割を担う抗がん剤。使われる薬の種類や期待できる効果、副作用の現れ方などを分かりやすく解説します。

白血病で抗がん剤を使う目的

白血病は、白血球が悪性腫瘍となった血液のがんです。がん化した成分の種類によって「骨髄性」と「リンパ性」の2つに大別され、さらに進行スピードによって「急性」と「慢性」に分かれます。なかでも一番多いのは急性白血病で、約1/4が慢性白血病です。

治療法は病気の種類によって異なりますが、白血病は薬剤感受性が高いため抗がん剤治療が中心です。さらに、再発予防に放射線治療が行われたり、抗がん剤が届きにくい中枢神経などに直接薬を注射することもあります。

昔は、白血病は不治の病とされていましたが、現在は薬の研究が進んだことにより寛解・完治が目指せるようになりました。

急性白血病における抗がん剤治療の特徴

急性白血病の抗がん剤治療は、寛解を目指す「寛解導入法」と、寛解をより確実なものにするための「地固め療法」の順に行われます。

寛解導入法

骨髄中に白血病の細胞が5%以下になる完全寛解を目指す強力な治療法です。

シタラビンなどのアントラサイクリン系薬剤や、イダルビシン、ダウノルビシンなど、作用の異なる薬を7~10日間投与し、白血病細胞を壊し、白血病細胞を減らしていく治療です。この治療を行うと一時的に正常な赤血球や血小板も失われるため、極端に減少した場合は輸血が行われます。

急性骨髄性白血病のなかでもM3というタイプは異なる抗がん剤が使われ、レチノイン酸というビタミンA誘導体も加わります。

地固め療法

寛解を確実なものにするための強力な治療法で、5~6ヶ月かけて3~4コースを繰り返します。白血病細胞のなかに特定の染色体異常があったり、完全寛解までに時間がかかったりした場合は再発リスクが高いため、地固め療法の時点で造血幹細胞移植が行われます。

慢性白血病における抗がん剤治療の特徴

慢性白血病の治療にはこれまでインターフェロンが使われてきましたが、完全寛解は20%にとどまり、その他の選択肢としては造血幹細胞移植しかありませんでした。

しかし、分子標的薬のイマチニブが登場したことで抗がん剤治療は目覚ましい進化を遂げ、現在は、ニロチニブとダサニチブを加えた3薬が慢性白血病の主流薬として適応されています。

白血病治療で使われる抗がん剤の副作用

白血病の治療では非常に強い抗がん剤を使うため、副作用も強く65歳以上の高齢者の場合は薬剤の量や投与日数を減らすなどして対応します。

副作用の症状としては、脱力、吐き気、嘔吐、下痢、脱毛、貧血、血液凝固機能の低下、食欲低下、免疫力低下、口腔・咽頭の痛みなどが挙げられます。嘔吐は制吐剤により軽減できますが、白血球や血小板の減少においては輸血で対応することになります。

薬剤によって副作用の現れ方や程度は異なるので主治医による管理が必要となります。また、寛解から社会復帰までの道のりが長いため、心のケアも大切だと言われています。

抗がん剤の副作用を軽減する成分について詳しく見る>>