メニューボタン

前立腺がん

前立腺がんに使われる抗がん剤の種類や期待できる効果、副作用について解説します。

前立腺がんで抗がん剤を使う目的

前立腺がんはホルモン療法の効果が高く、また、抗がん剤は効果がないとされていた為、手術とホルモン療法が中心となっていました。

しかし、2008年に承認された植物アルカロイドの抗がん剤ドセタキセルが登場してからは他の抗がん剤との併用で治療効果があることが報告されいます。

そのため、ホルモン療法で効果がでなくなった場合に抗がん剤による治療が行われています。

ドセタキセルはステロイド剤と一緒に使われ、主に進行がんの治療に選択されます。

ホルモン剤の長期服用により薬が効かなくなった場合や、はじめからホルモン剤が効かないがんの進行を抑制し、少しでも余命を伸ばすことを目的として使用されます。

ドセタキセルを使った患者さんの6割に効果があるという報告もあります。

抗がん剤の副作用を
症状別に詳しく見る

前立腺がんの抗がん剤の種類とレジメン(組み合わせ)

最大男性ホルモン遮断(MAB法)

男性ホルモンの分泌を抑制するLH-RHアゴニスト(ゾラデックス・リュープリン)と、男性ホルモンが前立腺に作用するのを予防する抗男性ホルモン剤を併用した治療です。

ドセタキセル(タキソテール)

アルキル化剤の抗がん剤と女性ホルモンを結合させた薬剤であるエストラムスチンと併用する場合もあります。

ホルモン療法による副作用

ホルモン療法でがんを根治させることは困難と言われており、ホルモン療法を中止すると、腫瘍は再び増殖する可能性が高くなっています。さらにホルモン療法も早ければ、2~3年で効果が薄れることも。

男性ホルモンを抑制することで、ほてりや発汗、動悸、女性化乳房、肥満、骨粗鬆症、性欲減退、勃起不全(ED)などの症状が引き起こされることがあります。

抗がん剤の種類別に
副作用を詳しく見る

前立腺がんで使われる抗がん剤の副作用

ドセタキセルの代表的な副作用は比較的軽いものの、副作用の確認の為、初回の投与には入院が必要となることがあります。

副作用としては、投与数日以内に発疹、悪心、嘔吐、食欲低下などがあり、投与数日~数週間では骨髄抑制による白血球や血小板の減少、口内炎、筋肉痛、下痢、投与後数ヶ月後にはむくみ、しびれ、倦怠感などが起こります。

抗がん剤の副作用の
リスクマネジメントを見る

前立腺がんで使われる抗がん剤治療の特徴

前立腺がんでは、エストラムスチンやテガフール・ウラシル、ペプロマイシンなどの抗がん剤が使われますが、効果はあまり期待できないと言われています。

一方、進行した前立腺がんに使われるドセタキセルは効果が高いという報告もあります。

アルキル化剤の抗がん剤と女性ホルモンのエストラジオールを結合させたエストラムスチンという抗がん剤とドセタキセルを組み合わせた治療も有効です。

ドセタキセルの治療は症状や患者さんの年齢により調整されますが、1日1回70~75mgを1時間以上かけて点滴する治療を3週間続けるのが一般的です。

骨に転移が認められた場合はゾメタやランマークなどの薬剤を使用し、骨病変の進行を遅らせます。

現在、海外ではさらに新たな前立腺がんの抗がん剤が登場しており、今後は前立腺がんの治療でさらに効果的な抗がん剤治療が確立されると期待されています。

転移・再発を起こした場合の抗がん剤治療

前立腺がんは、日本では年間約2万人が発症していると言われています。高脂肪・高タンパク食など欧米化した食事やや高齢化などが原因となり、近年急激な増加傾向を示しています。

前立腺がんを放置すると、骨や全身の臓器に転移する恐れがあるため、できるだけ早期に治療を行うことが重要です。

前立腺がんの場合、ホルモン療法や放射線療法、外科手術などを行います。ホルモン療法は、比較的有効な治療と考えられています。

抗がん剤の副作用が出る
時期・期間を詳しく見る