HOME » 知っておきたい抗がん剤の種類

知っておきたい抗がん剤の種類

抗がん剤のタイプ

抗がん剤の種類は大きく分けて以下の3つになります。どういったものなのか見ていきましょう。

1、DNA増殖を抑えてくれる「細胞障害性抗がん剤」

こちらはがん細胞と正常な細胞の両方に働きかけるため、脱毛や白血球の減少を引き起こしてしまいます。

2、がん細胞の増殖となるものに働きかける「分子標的治療薬」

分子標的治療薬は、特定の増殖因子であるタンパク質のみを狙って効果を発揮するため、正常な細胞へのダメージが少なくて済むのが特徴です。副作用が少ないため、体力が落ちている人や社会復帰を目指している人にも向いていると言えます。

3、がん細胞への攻撃を強化する「免疫細胞治療」

免疫細胞治療では、インターフェロンや免役賦活剤を用いて免役の力を強化します。免疫力が上がることでがん細胞を抑制するので、体への負担は少ないです。通常の抗がん剤の副作用を避けたい人は、こちらを使用できるか主治医に相談すると良いでしょう。

主に3つのタイプがあることを紹介しましたが、あくまでも症状の進行度や個人の体質、希望する治療計画に合った抗がん剤を選択することが大事です。不明点や気付いたこと、体調の変化などがあれば、その都度必ず主治医に相談するようにしましょう。

抗がん剤の種類によっては日帰り治療もある

抗がん剤治療の種類によっては、日帰り治療として受けられるものもあります。日帰り治療を受ける場合は、状態や症状などの条件をクリアしないといけません。無理をしては症状を悪化させてしまうため、そのときの体調を見て主治医に相談しましょう。

日帰り治療のメリットとして、これまで同様のライフスタイルを送りやすいという点があります。服用タイプの抗がん剤を使用することで、通常およそ4~8時間掛かる点滴治療の苦しさからも解放されます。日帰り治療が可能になるまで体力が回復すれば、服用タイプと点滴タイプの抗がん剤治療を受けることになるため、気持ち的にも随分楽になるでしょう。

抗がん剤治療では、「治療を続けていく体力」がとても重要になります。主治医とともにきちんと治療計画を立てて、無理がないように治療を続けていきましょう。抗がん剤の種類は年々増えていっているので、副作用が少なく自分に合ったものを選択肢やすくなっています。諦めずに抗がん剤治療を続けましょう。

がん治療で使われる抗がん剤は数十種類に及び、主に8つに大別されます。それぞれの抗がん剤の特性と効能、副作用について分かりやすく解説します。

抗がん剤の種類とそれぞれの特性について

抗がん剤のイラストがん細胞の分裂を妨げ、細胞の増殖阻止や破壊を促す抗がん剤。手術や放射線治療はがんそのものを狙う局所的な治療であるのに対し、抗がん剤は広範囲の治療効果が期待できる治療です。がん細胞を破壊して治癒を目指したり、手術前の投与で病巣を小さくしたり、転移や再発を防いだりと様々な場面で活用されます。

また、抗がん剤単独での治療はもちろん、手術や放射線治療との併用でより高い効果を狙うなど、がん治療において大きな役割を果たしています。現在、がん治療に使われる抗がん剤は約70種類あり、作用の仕方などによって大きく8つに分かれています。

分子標的薬

1990年代の後半から活用されている比較的新しい抗がん剤。がん細胞特有の分子だけを標的とし、がん細胞の増殖や転移を防ぎます。近年、世界中で研究されている抗がん剤のほとんどが分子標的薬に該当し、すでに10種類以上の分子標的薬ががん治療に導入されています。

主な薬:イレッサ、グリベックなど

抗がん剤の「分子標的薬」について詳しく見る>>

アルキル化剤

世界大戦中に使われたマスタードガスという毒ガス兵器の研究から開発された薬で、40年以上前から使用されています。単独では効果が穏やかなので大量投薬や他の抗がん剤との併用療法が選択されるケースが多いです。

主な薬:エンドキサン、ダカルバジン、テモダールなど

抗がん剤の「アルキル化剤」について詳しく見る>>

代謝拮抗剤

がん細胞が分裂し増殖するときに作るDNAの構造に似た薬剤で、投与することで不完全な細胞ができるため、がん細胞の増殖を抑えることができます。従来の抗がん剤では治療が難しかったがんにも有効な薬剤が次々と開発されています。

主な薬:メトトレキサート、ゼローダなど

抗がん剤の「代謝拮抗剤」について詳しく見る>>

植物アルカロイド

毒性の強い植物の作用を応用した抗がん剤。「微小管阻害剤」と「トポイソメラーゼ阻害剤」の2種類に分かれており、それぞれ細胞に働きかける作用が異なります。

主な薬:ドセタキセル、パクリタキセル、ノギテカンなど

抗がん剤の「植物アルカロイド」について詳しく見る>>

ホルモン剤

がん細胞の成長を促す特定のホルモンの分泌を止める治療法。ホルモンの過剰分泌が関わる、乳がんや前立腺がんの治療に使われます。

主な薬:リュープリン、アリミデックス、タモキシフェンなど

抗がん剤の「ホルモン剤」について詳しく見る>>

プラチナ製剤

貴金属のプラチナを使った抗がん剤。アルキル化剤とよく似ていて、DNAのコピーを阻害したり、がん細胞を死に追いやったりする性質を持っています。

主な薬:シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン

抗がん剤の「プラチナ製剤」について詳しく見る>>

抗がん性抗生物質

カビなどの微生物を利用して作られる抗生物質による薬剤。DNAの複製を防ぐので細胞分裂が活発な細胞ほど薬が強力に作用します。

主な薬:マイトマイシンC、ブレオマイシン、エピルビシン、ドキソルビジンなど

抗がん剤の「抗がん性抗生物質」について詳しく見る>>

免疫調節剤

人間に備わる免疫機能を高め、がん細胞を破壊することを目的として開発された薬剤。他の抗がん剤との併用により延命効果や再発防止率を高めることができます。従来の抗がん剤とは全く違うアプローチのため、がんの治癒や副作用軽減の期待が高まっています。

主な薬:ウベニメクス、乾燥BCG、インターフェロン-α など

抗がん剤の「免疫調節剤」について詳しく見る>>

治療スケジュールや副作用はよく確認を

抗がん剤には、錠剤やカプセルなどの飲み薬と、点滴や注射で静脈に抗がん剤を注入する方法があります。点滴や注射による治療の場合は、治療期間と治療しない期間を組み合わせた周期を設け、1クールという単位で繰り返し治療をしていきます。そのため、治療スケジュールを立てながら治療をしていくことになりますが、副作用が強く出た場合は治療をお休みしたり、副作用を抑える薬を投与したり、様子を見ながら治療を進めることになります。

副作用の現れ方によっても治療スケジュールが変動しますので、あらかじめ、どんな副作用が想定されるのか、副作用が出た場合はどう対処するのかなどをしっかり確認し、備えておくことが大切です。

抗がん剤の副作用を軽減する成分について詳しく見る>>