アルキル化剤

白血病や悪性リンパ腫などに効果が認められている抗がん剤「アルキル化剤」について、薬の特徴やがんへの効果、起こり得る副作用などをまとめています。

最も古くから使われている抗がん剤・アルキル化剤

アルキル化剤は40年以上前に作られた抗がん剤。世界大戦中に使われたマスタードガスという毒ガス兵器の研究から開発された薬で、世界で最も古くから使われている抗がん剤の1つです。

作用としては、アルキル基という原子のかたまりをがん細胞の遺伝子に付着させ、DNAを異常な形に結合して、DNAのコピーを防ぐというもの。この結合した状態でDNAをコピーしようとすると、DNAが破壊されるため、がん細胞は分裂できず死滅します。

アルキル化剤が作用するためには、体内である一定以上の濃度になることが条件となるため、体内では高い濃度の薬剤を維持しなくてはなりません。白血病や悪性リンパ腫、肉腫などに有効ですが、副作用が強烈なためリスクも大きい治療法です。

また、単独では効果が穏やかなので大量投薬や、ほかの抗がん剤との併用療法が選択されるケースが多いです。

アルキル化剤の種類とそれぞれの効果

アルキル化剤は、白血病、悪性リンパ腫をはじめ、乳がん、肺がん、子宮がん、卵巣がん、腎臓がん、胃がん、肝臓がんなどほぼすべてのがん治療に適応します。

アルキル化剤の種類 効果
イホマイド 小細胞肺癌、前立腺癌、子宮頸癌、骨肉腫、胚細胞腫瘍、悪性骨・軟部腫瘍などに使用。
エンドキサン 最も使われる抗がん剤の一つ。多発性骨髄腫、悪性リンパ腫などに使用される。
ダカルバジン メラノーマに最も有効な薬剤。
テモダール 世界70か国以上で導入されている経口タイプの薬剤。脳腫瘍などに適応。
ブスルフェクス 慢性骨髄性白血病に適応。そのほか、造血幹細胞移植の前に大量投与される。
塩酸プロカルバジン 悪性リンパ腫、悪性脳腫瘍などに有効。
アルケラン 多発性骨髄腫、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などに投与される。
サイメリン 多発性骨髄腫、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、脳腫瘍などに使用。

アルキル化剤の副作用

アルキル化剤の副作用は強烈と表現されることもあるくらい重いものです。具体的には、骨髄抑制による血液障害、吐き気、嘔吐、発熱、脱毛、出血性膀胱炎などです。女性は無月経、男性は精子生産の停止といった生殖器に関わる副作用が起きることもあります。

また、副作用ではありませんが、アルキル化剤は「DNAを異常な形で結合させる」という特性を持つことから、癌化する細胞を作ってしまう可能性もあります。とくに、エンドキサンやアルケランは国際がん研究機構において「発がん性リスクの高い薬剤」としてリストに挙げられている薬剤です。

リスクを理解した上で治療に臨みましょう

アルキル化剤は白血病や悪性リンパ腫への効果が期待できますが、一方で強い副作用や発がん性も報告されています。治療リスクをよく理解した上で臨みましょう。

抗がん剤の副作用を和らげる成分について詳しく見る>>