プラチナ製剤

貴金属のプラチナの作用を応用した抗がん剤、プラチナ製剤の特徴を解説。代表的な薬の種類や効果、副作用についてまとめました。

がんの標準治療の1つであるプラチナ製剤

プラチナ製剤はその名の通り、貴金属のプラチナを使った抗がん剤。白金製剤とも呼ばれています。プラチナ製剤は1961年、電流が大腸菌にどんな影響を与えるかを調べる研究をしていたときに、細胞分裂を阻止する効果があることが偶然発見されました。

プラチナ製剤のメカニズムはアルキル化剤とよく似ていて、DNAのコピーを阻害したり、がん細胞を死に追いやる仕組みを持っています。

プラチナ製剤の元祖はシスプラチンという薬剤で数十年前に開発されました。その後、副作用が少ないカルボプラチンやネダプラチンといった薬剤が開発されていますが、今でもプラチナ製剤の代表的な薬剤と言えばシスプラチンです。単独使用のほか、他の抗がん剤との併用にも使われています。

プラチナ製剤の種類とそれぞれの効果

代表的なプラチナ製剤の特徴は次の通りです。

プラチナ製剤の種類 効果
シスプラチン プラチナ製剤の代表的な薬剤。多くのがんに効果が認められている。
カルボプラチン シスプラチンと同様の働きがあり、かつ副作用の軽減が期待できる第2世代のプラチナ製剤。卵巣がんの標準治療薬として使用されている。
ネダプラチン 日本国内初のプラチナ製剤として開発。シスプラチンよりも副作用が穏やかだが、骨髄抑制が強く現れる。
オキサリプラチン 大腸がん治療の標準3剤として認められている薬剤。

プラチナ製剤の副作用

プラチナ製剤は細胞の分裂期に最も強力に作用しますが、それ以外の時期でも直接DNAに作用するので、高い効果が期待できるといわれています。一方で、効果が高い分、強力な副作用も報告されています。

特にシスプラチンは腎臓障害が出やすく、輸液などで水分補給をするなどの予防策がとられます。そのほか、90%以上の確率で嘔吐や吐き気が起こるほか、脱毛、末しょう神経障害などの副作用も見られます。

強力な副作用があるため経過観察を要する

シスプラチンは強力な腎臓毒性があり、ほかのプラチナ製剤に関してもシスプラチンほどの強力な副作用はなくても白血球や血小板の減少といった骨髄抑制が生じます。抗がん剤のなかでも副作用が多い部類に入るため、経過を慎重に観察していく必要があります。

プラチナ製剤は高い効果がある一方で副作用が強い薬剤です。リスクについては理解した上で治療に臨むことになりますが、自身でも副作用に備えておくとよいでしょう。

抗がん剤の副作用を和らげる成分について詳しく見る>>